オーザンシアン・カナディアン(Aux Anciens Canadians)

マーカーはオーザンシアン・カナディアン(Aux Anciens Canadians)です。

オーザンシアン・カナディアン(Aux Anciens Canadians)
[1時間ほどホテルで休憩して、お待ちかねの夕食。ガイドブックにも載っているケベック料理レストラン「Aux Anciens Canadians」へ。赤い屋根がかわいらしいお店。店内もカントリー風で、ウエイトレスさんも民族衣装(?)を着てサーブしてくれます。5時半の時点でほぼ満席。予約はした方が良さそう。お店に入った時点で、まだランチ・コースもオーダーできるよと教えてもらい、迷わずオーダー。ビールかワインに、えらべる前菜とメインとデザート、それにコーヒーか紅茶がついて、なんとC$19.95!これは絶対お得です(^0^)
こちら、ケベックの地ビール「Boreale」のダークビール。結構軽め。前菜はオニオングラタンスープエスカルゴ(どちらも追加料金あり)をオーダー。どちらも普通においしいです♪
メインはケベック料理らしく、私はミートパイ。数種類のWildlife(野生動物)のお肉をミックスしたミートパイは、スパイスが効いた不思議な味。デザートは、Chocolate CakeとBaked Custard(ベイクド・カスタード)。すごくおいしいんだけど、デカイ!!甘い!!さすがに全部食べきれませんでした(T_T)
お店の雰囲気もよく、ウエイトレスさんもとっても親切で、なかなか気に入りました♪ お料理は、伝統料理ということでちょっとクセがある感じだけど、ココでしか食べられないと思ったら一度は食べる価値ありかな。あ、ただし、ボリュームはさすがのカナダ級。お腹を空かせていくことをオススメします。  (「ロレンシャン・ケベック旅行<3日目>ケベックシティ散策 : CANADA DAYS」より)]

[ケベック・シティも最後の夜になってしまった。1675年に建てられた民家のような建物のレストラン。ケベック料理『Aux Anciens Canadiens』(オーザンシアン・カナディアン)に、突入することにした。可愛らしい感じのお店の外観だ。伝統的なケベック料理が食べられるお店だ。人気店なので予約はしたほうがいい。店内も古~~~い感じだ。伝統的なケベック料理を注文することにした。おすすめは、豆の煮込み、ミートパイ、茹でたジャガ イモ、豚の脂身の塩漬けなどの盛り合わせの一皿。  (「ケベック料理『Aux Anciens Canadiens』(オーザンシアン・カナディアン)ケベック・シティ」より)]

[ケベックシティに来て初めての記念日は、(ほぼ私の独断で)ケベックの伝統料理を食べに行くことにしました。お店の名前は、Aux Anciens Canadiens(オーザンシアン・カナディアン)。ケベックの伝統料理、といえば一番に名前の挙がるお店です。今日の私たちの目的は、あくまでも「ケベックの伝統料理を食べる」こと。サーモンのパイ包みや野菜たっぷり…等の美味しそうなメニューには目もくれずケベック伝統料理である、ミートパイやベークドビーンズ、ミートボールが含まれた「ケベック料理盛り合わせ」コース(42$)を注文しました。 以下詳細は「Aux Anciens Canadiens : 安穏days」をご覧ください。]

Aux Anciens Canadiens – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がオーザンシアン・カナディアン(Aux Anciens Canadians)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*