エイヴォン川

マーカーは追憶の橋(Bridge of Remembrance)です。

エイヴォン川
[エイヴォン川(英語: Avon River / オタカロ、マオリ語: Ōtakaro)は、ニュージーランド南島カンタベリー地方に位置するクライストチャーチの街の中心部を流れており、河口(三角江)は、ヒースコート川 (Heathcote River) と同じくするエイヴォン・ヒースコート河口域 (Avon Heathcote Estuary) である。
エイヴォン川は、オタカロ (Ōtākaro)、 もしくは Putare Kamutu として、マオリにより知られた。カンタベリー協会 (Canterbury Association) は、その川をシェイクスピアと呼称する計画を立てていた。川はスコットランドのエイヴォン川 (River Avon) にちなんで、1848年にジョン・ディーンズによって現在の名前が与えられた。ディーンズ家は、現在のリッカートン (Riccarton) の郊外に位置するエイヴォン川の近くに家屋敷を建てた。
その名称は、ナイ・タフ (Ngai Tahu) 条約規定に基づいた多くの変更の1つとして、Ngai Tahu Claims Settlement Act 1998 において、エイヴォン川 / オタカロ (Avon River / Ōtakaro) へと正式に変更された。
観光の呼び物としての商業用パント舟 (punting) は、クライストチャーチ・シティ・センターハグレイ公園およびフェンドルトン (Fendalton) の公園モナ・ベール (Mona Vale) において利用することができる。
地震
セントラル・シティからエイヴォン川下流沿いの多くの土地は、2010年カンタベリー地震2011年2月クライストチャーチ地震および2011年6月のクライストチャーチ地震 (June 2011 Christchurch earthquake) において被害を受け、カンタベリー地震復興庁 (Canterbury Earthquake Recovery Authority, CERA) により赤の特別区域(レッド・ゾーン)に指定されている。地域団体は、その赤の特別区域に指定された土地を、河口とセントラル・シティを結ぶ公園に変えようと働きかけている。そのキャンペーンは、エイヴォン-オタカロ・ネットワーク(Avon-Otakaro Network, AvON) と称されるグループにより進められ、市長ボブ・パーカー (Bob Parker) の支持を受けている。
「エイヴォン川の艇庫、クライストチャーチ」・wikipedia-photo、クライストチャーチの観光パント舟・wikipedia-photo、エイヴォン川のパント舟・wikipedia-photo、「エイヴォン川。クライストチャーチのビクトリア広場 (Victoria Square)」・wikipedia-photo  (wikipedia・エイヴォン川_(カンタベリー)より)]

エイボン・リバー・テラスド・シーティング – Google Map 画像リンク」「Bridge of Remembrance – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向の橋がハーフォード・ストリート橋(Hereford Street Bridge)で、手前に水車が設置されています。

カメラ位置はハーフォード・ストリート橋(Hereford Street Bridge)で、南北に流れる川がエイボン川です。

カメラ位置はエイボン・リバー・テラスド・シーティング(Avon River Terraced Seating)です。

エイヴォン川・追憶の橋(Bridge of Remembrance)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*