クライストチャーチ大聖堂

マーカーはクライストチャーチ大聖堂です。

クライストチャーチ大聖堂
[クライストチャーチ大聖堂(英:Christchurch Cathedral )はニュージーランドクライストチャーチ市中心部に所在する聖公会(アングリカン・チャーチ)の大聖堂アングリカン・コミュニオンに属するアオテアロア・ニュージーランド・ポリネシア聖公会クライストチャーチ教区の主教座聖堂である。
英国からの移民たちにより1864年に教会建設が開始。当初は木造建築の教会であったが、地元近郊で石材が見つかり、石造建築に変更された。建設には船大工が参加したため天井付近は船底と同じ木組みが施されている。イギリス人建築家のサー・ジョージ・ギルバート・スコットの原図を元にイギリス出身の建築家ベンジャミン・マウントフォートが設計したゴシック・リヴァイヴァル様式の建築。金銭的な理由から着工から完成までに約40年の歳月を費やし1904年に完成した。
着工から完成までの間に3度、大きな地震に見舞われ(1881年暮れ、1888年9月1日北カンタベリー地震、1901年11月16日チェビオット地震)、尖塔の頂上が落下するなど破損している。
現在の首席司祭(Dean)はピーター・ベック師(大聖堂長(2002年 – )、オックスフォード大学文学修士)。クライストチャーチ主教はヴィクトリア・マシュー(トロント大学神学修士、2008年にニュージーランド・アングリカン教会で2人目となる女性主教に就任)。
2011年の地震により、北側尖塔部分が崩壊した。当初はこの地震により聖堂内部や周辺にいた観光客らが多数死亡と報道されたが、その後の調査で死者・負傷者の報告なし。その後、6月13日に起きた余震により正面のステンドグラスの窓や西側の壁が75%まで崩壊するなどの被害を受けた。
大聖堂の本格的な再建はめどが立たず、こうした中、建築家坂茂の設計による特殊紙菅を素材とする仮設大聖堂の建設計画の提案も行われた。2012年2月、修復には5,000万NZドル~1億NZドル(約34~68億円)の費用が必要で、内部はまだ危険な状態で今後も地震が起きる恐れがあり、修復再建は断念し、解体が決まったことが発表された。同年4月、ラティマー広場へ前述の特殊紙管を使った仮設大聖堂が建設されることとなった。仮設大聖堂は10年間限定で使用される見込みで、2013年4月に完成予定である。
2011年地震以前のクライストチャーチ大聖堂・wikipedia-photo、2011年に崩壊した大聖堂・wikipedia-photo  (wikipedia・クライストチャーチ大聖堂_(クライストチャーチ)より)]

クライストチャーチ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が2013年のクライストチャーチ大聖堂です。

2016年のライストチャーチ大聖堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*