クライストチャーチ植物園

マーカーはilex Café & Eventsです。

クライストチャーチ植物園
[1863年開園。アルバート・エドワード王子アレキサンドラ王女との婚礼を祝い、イングリッシュ・オーク(ヨーロッパナラ)を植樹したのが植物園の始まりである。湿地帯で砂丘であった土地を整備し、およそ30ヘクタールの敷地を有する植物園に造園した。ハグレイ公園に隣接し、園内をエイヴォン川が流れる。ニュージーランド固有の植物と海外からの植物を合わせ、1万種以上の植物が集められている。園内は250種類以上のバラを集めたバラ園のほか、ハーブ園、温室、庭園などがある。1906年にジョン・ピーコック伯爵より寄贈された噴水は修復を経て、1997年にロールストン通り入口付近に再設置された。
入園は無料。植物園内を周るツアーガイドは有料。ハグレイ公園、カンタベリー博物館に隣接し、クライストチャーチ・アートセンターの向かい側に位置する。
クライストチャーチ植物園の噴水・wikipedia-photo  (wikipedia・クライストチャーチ植物園より)]

クライストチャーチ・ボタニック・ガーデンズ – Google Map 画像リンク」「Christchurch Botanic Gardens Visitor Centre – Google Map 画像リンク」「Botanic Gardens Conservatory – Google Map 画像リンク」「ニュージーランド・ガーデンズ – Google Map 画像リンク」「セントラル・ローン – Google Map 画像リンク」「ロック・ガーデン – Google Map 画像リンク

クライストチャーチ植物園の中心にあるilex Café & Eventsのストリートビューです。
Ilex Café – Google Map 画像リンク

クライストチャーチ・ボタニック・ガーデンズ

Botanic Gardens Conservatory

園内を流れるエイヴォン川のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*