街と海の博物館

マーカーは街と海の博物館です。

街と海の博物館(Wellington Museum)
[街と海の博物館は、港街ウェリントンに縁の文物や海事関係の資料などを展示している博物館です。もともと保税倉庫として使用されていた建物を博物館に改造したもので、館内には当時の倉庫内の様子が再現されたコーナーがある。また、館内のミニシアターでは、1968年にウェリントン沖合いで起こった、台風の高波によるフェリーの遭難事故を追ったドキュメンタリーフィルムや、マオリ族の伝説を紹介したホログラムが上映されている。  (「ウェリントン – Wikitravel」より)]

[朝から雨が降っていたのですが、このまま一日家に居ても勿体無いということで、クイーンズワーフすぐ横にある「Museum of Wellington City & Sea」(海洋博物館)に行って来ました。建物は3階建てになっており、1階は1900年代のウェリントンの歴史。2階は海に纏わるもの。3階は先住民族であるマオリの歴史になっています。  (「ニュージーランドで第3の人生 – ウェリントンの歴史」より)]

ウェリントン博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が街と海の博物館で、東方向を進むとクイーンズ・ワーフです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*