ウェリントン植物園

マーカーはウェリントン植物園です。

ウェリントン植物園(Wellington Botanic Garden)
[ケーブルカー頂上駅付近から国会議事堂周辺にかけての丘陵地帯に広がる植物園で、1844年に私設の植物園として設立され、1891年に運営が市に移管された。約25ヘクタールの広大な敷地の中には森林保護区やバラ園、展望台などがあり、ニュージーランドに古くから生えている樹木やシダ類などの植物、また秋には園内のところどころでめずらしいキノコ類を観察することもできる。また、植物園内には国内最大級の天文台、カーター天文台もある。なお、ケーブルカー頂上駅から国会議事堂近くの出口まで遊歩道があり、下り坂を歩いて40分前後で出口に出ることができる(頂上付近を散策した後、ケーブルカーで帰ることももちろん可能)。  (「ウェリントン – Wikitravel」より)]

[アヒルの池の近くにウェリントン植物園のパス・wikipedia-photo、「デニス・オコナーによるRudderstone、庭にある多くの彫刻の1つ。」・wikipedia-photo、「平和の庭の池。ランタンは、核兵器に対するニュージーランドの共通認識で、核廃絶を願い日本の広島原爆の火から点灯した。」・wikipedia-photo、「Tinakoriヒルから見たウェリントン植物園。ニュージーランドMetServiceの建物は、左上にあり、ツリーハウスのビジターセンターが中心になっています。」・wikipedia-photo]

ウェリントン・ボタニック・ガーデン – Google Map 画像リンク」「ザ・レディー・ノーウッド・ローズ・ガーデン – Google Map 画像リンク」「ザ・レディー・ノーウッド・ベゴニア・ハウス – Google Map 画像リンク」「Botanic Garden Playground – Google Map 画像リンク」「サラマンカ・ローン – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がウェリントン植物園ゲートです。

ウェリントン植物園ゲート内のストリートビューです。

ザ・レディー・ノーウッド・ローズ・ガーデン

カメラ位置はザ・レディー・ノーウッド・ローズ・ガーデンで、カメラ南西方向がザ・レディー・ノーウッド・ベゴニア・ハウスです。

ザ・レディー・ノーウッド・ベゴニア・ハウス

ウェリントン植物園へのストリートビューです。カメラ東方向がケーブルカー駅で、カメラ北北西方向がケーブルカー博物館です。駅と博物館の間を進むとウェリントン植物園へ行けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*