ニュージーランド国会議事堂

マーカーはニュージーランド国会議事堂です。

ニュージーランド国会議事堂(New Zealand Parliament Buildings)
[国会議事堂は、パーラメント・ハウス(議事堂)、エクゼクティブ・ウイング(通称ビーハイブ、執務棟)、国会図書館、ボウエン・ハウス(事務棟)の4棟から成っています。パーラメント・ハウスは、議場と大広間、マオリ委員会室やパシフィック委員会室があります。無料のガイド付き見学ツアーが毎日行われています。エクゼクティブ・ウイングは、その形からビーハイブ(蜂の巣)と呼ばれ1977年から使われている、この独特な形は、英国の建築家バジル・スペンス卿のコンセプトによるものです。通称の「ビーハイブ」は、ニュージーランドの政界の代名詞にもなっています。閣僚の執務室の他、バンケット・ホールや国の危機管理センターなどがあります。  (「ニュージーランド国会議事堂(通称ビーハイブ)」より)]

[ビーハイブ(左)と国会議事堂(右)・wikipedia-photo、ビーハイブ・wikipedia-photo、「ボーエンハウス、ビーハイブと国会議事堂のステップ」・wikipedia-photo、「ビーハイブ(左)、国会議事堂(中央)と議会図書館(右)」・wikipedia-photo、国会議事堂とライブラリのパノラマ・wikipedia-photo、国会議事堂の背面・wikipedia-photo]

ニュージーランド・パーラメント・ビルディングス – Google Map 画像リンク」「Beehive – Google Map 画像リンク

ニュージーランド国会議事堂正面入り口のカメラです。

カメラ東南東方向がニュージーランド国会議事堂西側ファサードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*