Harbourside Market、City Market

マーカーはHarbourside Market開催場所です。

Harbourside Market
[人の多いほうへと歩いていくと、ハーバーサイド・マーケット(City Market)へ到着しました。途中、「Simply Paris」というカフェの出店を発見。石釜で焼くピザの屋台までありましたよ~!マーケットなのに何だか本格的です。色々な屋台で買った食べ物を、こうやって青空の下で食べるというのもマーケットの楽しみの1つですよネ。ここにいる皆さん、の~んびりと日曜日朝のマーケットを楽しんでいる様子でした~♪
クライストチャーチでもリカトンブッシュのファーマーズマーケットやリカトン競馬場でのサンデーマーケットなどが毎週末開催されていますが、それよりもこちらのほうが規模が大きいですし、多国籍のお店等も色々とあって活気がありました。このハーバーサイドマーケットの先には、さらにシティーマーケットとまだまだマーケットがあるそう。  (「ウェリントン・ハーバーサイドマーケット ニュージーランドは毎日ロハス日」より)]

City Market
[さて、本日・日曜は、快晴!だけれど風も強いウェリントンらしい日。日曜というのは、ウェリントンでは二か所で野菜市のようなマーケットが立つ。一つは、Willis street の(lambton 側ではない方)端っこで行われる市で、もう一つは、テ・パパ(国立博物館)の脇に立つ ハーバーサイド・マーケット。(街の、大きなニューワールド(スーパーマーケット)の傍。)
でも、私は野菜や食材を買う予定はないので、ここは素通りして、そのまま少しオリエンタル・ベイよりに移動。このハーバーサイドマーケットとシティマーケット、徒歩1~2分の距離。この間にあるスペースで、人々は遠足気分を味わいながら、週末の一時を過ごしている様。先週、私たちは、クィーンズワーフから湾沿い(埠頭沿い)に歩いてきた。現在、ワイタンギ・パークに、ホビットのマーケット(テント)が出ているのだけど、その脇~Chaffers Dock の建物(グランドフロア=日本で言う1階)で催されているシティマーケットに行った。ホビットのせいか、この周辺、いつもより人が多い感じ・・・。実は、本日、目的があってやってきた。私と娘のブランチは、このシティ・マーケットの中のジャーマン・ソーセージのホットドッグ (先週、食べ損ねた)。でも、ついでに、ギョウザ(ホットドッグの前に)とクレープも食べてしまった!  (「 あなたに伝えたいこと from Mrs.Mole – マーケットのこと」より)]

カメラ北方向のエリアでHarbourside Marketが開かれる。またカメラ南東方向がニューワールド(スーパーマーケット)です。

カメラ西北西方向がCity Marketが開かれるChaffers Dock の建物で、カメラ南南西方向がワイタンギ・パークです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*