サンコープ・スタジアム

マーカーはサンコープ・スタジアムです。

サンコープ・スタジアム
[サンコープ・スタジアム (英: Suncorp Stadium)は、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベンにあるスタジアムである。名称はネーミング・ライツに基づくもので、1994年よりオーストラリアの金融機関であるサンコープ・メットウェイ社がネーミング・ライツを取得している。ネーミング・ライツを使わない名称としては、正式名称のラング・パーク、またはブリスベン・スタジアムとも呼ばれる。1957年よりクイーンズランド州におけるラグビーリーグの本拠地として用いられている。また、現在ではラグビーユニオンやサッカーの試合もおこなわれる。2008年のラグビーリーグ・ワールドカップでは決勝戦の会場となった。
1911年まで、この土地は墓地であった。しかし、ブリスベンの人口増加に伴う再開発の一環として市民公園とすることが定められ、1914年にラング・パークが開園した。1990年代末、ブリスベンに最先端のスタジアムが必要だとする意見をもとに議論が進められ、サンコープ・スタジアムがその対象に選ばれた。総工費2億8千万オーストラリアドルを投じた改修工事がおこなわれ、2003年に現在のスタジアムが完成した。新スタジアムのオープニングゲームとして、ナショナルラグビーリーグ (NRL) のブリスベン・ブロンコス対ニュ-カッスル・ナイツの試合が6月1日におこなわれた。グラウンドの形状は長方形で、観客席とフィールドとの距離も近くなっている。
「サンコープ・スタジアム」・wikipedia-photo  (wikipedia・サンコープ・スタジアムより)]

サンコープ・スタジアム – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がサンコープ・スタジアムです。

サンコープ・スタジアム内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*