ブリスベン・エキシビジョン地区

マーカーはブリスベン・ショー・グラウンドです。

ブリスベン・エキシビジョン地区
[RNA (Royal National Agricultural and Industrial Association of Queensland)の運営で、毎年60万人以上が訪れる“エッカ”が催される。  (wikipedia・ブリスベンより)]

エッカ
[エッカはオーストラリアクイーンズランド州の祭りで、州都ブリスベンで毎年8月に10日間にわたり催される。正式名称はRoyal Queensland Showである。元々はブリスベン・エキシビジョンと呼ばれていたが、オーストラリア英語の長い言葉を短くする現象により、現在はエッカと呼ばれる。1876年に初めて開催された。
エッカは10日間に渡って毎年8月に、ブリスベン・シティ中心部から北に2kmの所の郊外であるボウエン・ヒルズにあるRNAショー・グラウンドで開催される。Royal National Agricultural and Industrial Association of Queensland (RNA) によって運営される。近年では60万人以上が来場するブリスベンでも人気がある祭りである。
会場へは、クイーンズランド鉄道シティートレインが期間内だけ特別に走らせるエキシビジョン・レイルウェイ線のエキシビジョン・レイルウェイ駅でアクセスできる。シティートレインの旅客輸送は他の時にはこの線は運営しない。ブリスベン・トランスポートは特別により、シティ中心部からルート500、北の郊外ウィンザーからルート600のバスがエッカ会場へ運行される。  (wikipedia・エッカより)]

[8月のブリスベンには、ブリスベン・ショー・グラウンドで開催される伝統のお祭りEkka(エッカ)がある。もちろん日本のお祭りとは雰囲気は、違って農業祭、収穫祭、商業祭、見本市、品評会、企業のパビリオンなどブリスベン周辺からあらゆるものを一同に集めて、この10日間のために御披露目する一大イベント。年に一度のQueensland(クィーンズランド州)最大級の催し物と言えるイベントなのだ。毎年8月に10日間にわたって開催されるこのエッカは、ブリズベンの郊外にあるRNAショーグランドにて行われ、近年では約60万人が訪れるビッグイベントとなっている。1876年に初めて開催された。
会場は、エリア毎に区切られており、馬牛豚鳥羊の品評会、果物野菜の品評会、(ドッグショー・キャットショー)犬猫のコンテスト、乗馬の競技会、カースタント、シープドッグショー、地元ハイスクールによるバグ・パイプ演奏などのローカルの人に関わるものから、万国博覧会を思わせる地元を代表する企業や海外から進出している家電や自動車の企業のパビリオン、そしてジェットコースターや観覧車などの遊園地、ゲームや食べ物などの屋台、夜の打ち上げ花火もある。
子どもたち(大人も含め)Ekka(エッカ)でのお楽しみは、Ekka(エッカ)名物のイチゴアイスとEkka(エッカ)会場で販売されるShowBag(ショー・バック)。ShowBag(ショー・バック)とは、日本のお正月に売られる福袋みたいなもので、お菓子、おもちゃ、Tシャツなど、有名企業からローカルな放送局、アニメ・キャラクターから地元ラグビーチームまで、それぞれの企業や団体が、そのイメージにあわせた子ども心をくすぐる中身のShowBag(ショー・バック)を販売するもの。
会場へは、クイーンズランド鉄道のシティートレインが期間内に特別に走らせるエキシビジョンレイルウェイにてアクセス可能。  (「エッカ,Royal Queensland Show|ユートラベルノート」より)]

Main Arena – Google Map 画像リンク」「Royal Queensland Show | Ekka Main Arena – Google Map 画像リンク」「John McDonald Stand – Google Map 画像リンク」「ロイヤル・クイーンズランド・ショー – エッカ – Google Map 画像リンク

カメラ位置はRNAショー・グラウンドです。

RNAショー・グラウンド観客席のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*