ペンシルベニア駅

マーカーはペンシルベニア駅です。

ペンシルベニア駅(英語:Pennsylvania Station (New York City))
[ペンシルベニア駅( Pennsylvania Station )はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区チェルシー_(ニューヨーク)にある、同市のグランド・セントラル駅と並ぶ巨大な駅である。マディソン・スクエア・ガーデンと共有の建物を使っている。1日に、およそ600本もの列車が発着している。駅の主要施設は地下にあり、プラットフォームは隣のジェームズ・ファーレー郵便局の地下まで伸びている。
アメリカの私鉄最大手であったペンシルバニア鉄道のターミナル駅はハドソン川の西岸にあり、マンハッタンからはフェリーで連絡していた。同社にとってマンハッタン乗り入れは長年の悲願であった。ハドソン川を渡る鉄道橋は建設できず、河底トンネルは蒸気機関車を通すには適しないため、ハドソン川を渡る方法がない状態であったが、トンネル内を電化して電気機関車が蒸気機関車を牽引することによりマンハッタンに鉄道を引く目途がたつようになった。1902年、ニューヨーク市当局の建設許可を受け用地の買収が開始、当時テンダーロイン地区と呼ばれた歓楽街の2ブロックが丸ごと更地になった。1904年には川の下を横断するトンネルと駅舎の建設が始まった。乗り場は地下にあるため大量の土砂が掘削された。駅舎はギリシア神殿のように列柱の並ぶ荘厳なボザール様式歴史主義建築)の建物で、2街区分の敷地いっぱいに建てられた。駅は1910年に完成・開業した。(初代駅舎を参照)
第二次世界大戦後、ハイウェイや航空路線の広がりに伴い、鉄道の利用者は急激に減少した。ペンシルバニア鉄道も赤字経営となり鉄道以外の収益を増やす必要に迫られ、マンハッタンの一等地にあるペン駅舎を建て替えることになった。反対運動が起こったが1963年に解体は実行された。しかし歴史的建築保存運動が高揚するきっかけになり、その後のグランド・セントラル駅保存などにつながった。新駅舎は不動産ディベロッパーとの共同プロジェクトでマディソン・スクエア・ガーデンと共有の建物になった。切符売り場やインフォメーションセンター、待合室なども現代的に改装されたが地下のプラットフォームだけは創建当時のたたずまいを残している。
1990年代初頭、米国上院議員のダニエル・パトリック・モイニハン(Daniel Patrick Moynihan)は、通りの向かいにある市のかつての主要郵便局であるジェームズA.ファーレービルに新しい駅を建設することを提案しました。1990年代から2000年代にかけて多くの再開発または拡張の概念が発表されたが、2009年のアメリカ復興再投資法(American Recovery and Reinvestment Act of 2009)からの資金提供により、ファーリーの下でロングアイランド鉄道のウエストエンドコンコースの拡張が可能になるまで、実現には至らなかった。
2016年に建設。新しい拡張であるモイニハン・トレイン・ホール(Moynihan Train Hall)は、2021年1月にオープンし、それを提案したモイニハンにちなんで名付けられました。列車ホールはアムトラックの乗客に新しい専用アクセスを提供し、ペンシルバニア鉄道列車はアクセス可能ですが、ほとんどのペンシルバニア鉄道列車はコア駅にある既存のペンシルバニア鉄道コンコースを使用することが期待されており、すべてのニュージャージー・トランジットの運行は古い構造のままです。同時にペンシルバニア鉄道コンコースへの新しい33番街の入り口(East End Gateway・構内図 Station Overview 右上、 Long Island Rail Road 右端。)がオープンしました。
ペンシルベニア駅・wikipedia-photo、ペンシルベニア駅の上空・wikipedia-photo、ペンシルベニア駅の地下のプラットホームへ向かう線路・wikipedia-photo、「ペンシルベニア駅の地下、ロング・アイランド・レイルロードのコンコース。」・wikipedia-photo、出発ゲート・wikipedia-photo、LIRR の列車に乗ろうとするラッシュアワーの群衆・wikipedia-photo、「1911 年頃のペンシルベニア駅を北東から見た写真。まだ周辺には、ほとんどビルが建っていない。」・wikipedia-photo、Moynihan Train Hall in January 2021・wikipedia-photo  (wikipedia・ペンシルベニア駅_(ニューヨーク)より)]

ペンシルベニア駅構内図(『 125ST→EWR ニューアーク国際空港 移動など 帰国 …』より)
Upper Level(拡大図)

Lower Level(拡大図)

[マンハッタンの表玄関のひとつであるペンシルベニア駅(通称ペン駅)が、3年と16億ドルをかけた工事を終え、駅舎「モイニハン・トレイン・ホール」がオープンした。今回の工事の目的は、1910年に完成したオリジナルの駅舎の復元と、設備の拡張。元々の駅舎は、カラカラ浴場やオルセー駅(現在のオルセー美術館)など、世界中の名建築の様式を参考に取り入れた、ニューヨークが誇る美しい建築物であったにもかかわらず、1963年に取り壊しが決定。幸いなことに外観とチケット売り場は取り壊しを免れ、その後増築され郵便局やオフィスとして使用されていた。
今回の工事でマディソン・スクエア・ガーデン地下の既存の駅舎と、8番街を隔てた新設の駅舎が地下通路で接続された。これまで狭い地下駅舎に詰め込まれていた、長距離鉄道のアムトラックと近距離列車のロングアイランド鉄道などがゆとりを持って配置され、駅としての機能とイメージが劇的に改善。8本の引き込み線路も加わり、合計21本の路線へのアクセスが可能になった。  (「約3年の工事を終えオリジナルの姿で蘇った、ニューヨークの …」より)]

モイニハン・トレイン・ホール(Moynihan Train Hall)特集、第1話

Station Overview(拡大図)

Level 1(拡大図)

Concourse(拡大図)

West-End Concourse(拡大図)

ペンシルバニア駅 クチコミガイド【フォートラベル】|Pennsylvania ..」「『アムトラック・アセラ特急でニューヨークからワシントンに行きたい …

ペンシルベニア駅 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がペンシルベニア駅7番街にある入り口です。

WAITING ROOM – カメラ北北西方向インフォメーション後ろにアムトラック( Amtrak )、ニュージャージー・トランジット( New Jersey Transit )、アセラ・エクスプレス( Acela Express )の待合室があります。待合室の反対側がペンシルベニア駅出発ロビー( AMTRAK CONCOURSE )になります。

ペンシルベニア駅 AMTRAK CONCOURSE のカメラで、カメラ東南東方向が WAITING ROOM になります。

ホーム連絡通路の降り口

ホーム連絡通路のカメラです。

ペンシルベニア駅ホームのカメラです。

復元された新ペンシルベニア駅モイニハン・トレイン・ホールへの入り口のカメラです。

モイニハン・トレイン・ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*