ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ

マーカーはニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワです。

[グーグル・アート・プロジェクトは、グーグル社のストリートビュー技術をそのまま美術館内部にまで持ち込み隅々まで撮影し、web上で公開しています。]

ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ(英語:Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa)
[ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワは、ニュージーランドの国立博物館である。1865年設立のコロニアル・ミュージアムに起源を持ち、1988年に博物館設立計画が誕生する。1992年にニュージーランド博物館テ・パパ・トンガレワ法1992が議会を通過し1998年に開館した博物館。建物の設計はJASMAX社が担当しフレッチャー・コンストラクション社が施行を担当した。一般的にはTe PapaやOur Placeとして知られ、”Te Papa Tongarewa”(マオリ語)は大雑把には”the place of treasures of this land”(この土地の宝のある場所)と訳せる。テ・パパの建物は、ニュージーランド、ウェリントンのケーブル・ストリートの海岸沿いにある。建物内は、ニュージーランドの文化や環境に特化した展示や喫茶店、土産物屋の6階からなる。博物館には人造の洞窟や自然の茂み、湿地のある野外空間も含まれる。36,000平方メートルの建物は、1998年の開館に3億ニュージーランド・ドルかかっている。トリー・ストリートにある2つめの建物は研究と保管に用いられており、一般には開放されていない。テ・パパは、ピーター・ブレイク_(ヨットマン)とニュージーランド首相(当時)のジェニー・シップリーおよびシップリーの2人の子供により1998年2月14日に開館された。博物館は開館5ヶ月で入館100万人を記録し、年間100~130万人が訪れる。
「ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ」・wikipedia-photo  (wikipedia・ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワより)]

ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワホームページ
ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ(他の階及び拡大図)

ニュージーランド国立博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワです。

ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ、エントランスホールのストリートビューです。

ゴットフリード・リンダウアー作『マオリの女の子』(1874年頃)(commons.wikimedia)

ケネット・ワトキンス(Kennett Watkins・1847-1933)作『ワイカト川』(1881年)(commons.wikimedia)

 
チャールズ・ブロムフィールド(Charles Blomfield)作『ワイカトのオラケイ・コラコ(Orakei Korako on the Waikato)』(1885年)(commons.wikimedia)

チャールズ・ブロムフィールド作『ピンクのテラス』(1886年)(commons.wikimedia)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*