カドリオルグ公園(白鳥の池)

マーカーはカドリオルグ公園(白鳥の池)です。

カドリオルグ公園(白鳥の池)
[現在、市民の憩いの場となっているカドリオルグ公園は、タリンの東側に位置し、市の中心地からも近く、バスや路面電車で10分ぐらいのところにあります。カドリオルグ公園は、ロシア帝国ピョートル大帝により建設されたイタリア・バロック様式の公園で、設計はイタリア人のニッコロ・ミケッティによるものです。公園の建設は北方戦争(1700~1721年)の最中、1718年に開始されました。北方戦争後、スウェーデンに代わり、エストニアはロシア帝国の支配下に入ります。「エカテリーナの谷」を意味するカドリオルグ公園の名前は、ピョートル大帝の后エカチェリーナ1世に由来しています。  (「ピョートル大帝が愛した美しい公園-カドリオルグ公園」より)]

カメラ南方向が白鳥の池です。

白鳥の池・冬のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*