カドリオルグ宮殿&公園(Kadriorg Palace & Park)

マーカーはカドリオルグ宮殿です。

カドリオルグ宮殿&公園(Kadriorg Palace & Park)
[エストニアロシア帝国領になってから、ピョートル大帝エカテリーナ皇妃のために造った離宮が残されている公園です。イタリア人建築家のミッケチが設計したこのバロック建築の宮殿は、1718年から完成までに5年の歳月が費やされました。この建物は現在美術館として使用されています。また、この向かい側には大統領官邸があります。  (「タリン | DTACエストニア観光情報局」より)]

[カドリオルグ宮殿は現在海外美術館として利用され、主な美術展示品は、16世紀から20世紀の西ヨーロッパやロシアの絵画、歴史的家具、彫刻などです。宮殿内で最も美しい部屋は吹き抜けになったかつての舞踏ホールで、見事な天井画と壁や天井に施されたスタッコ装飾は必見です。天皇皇后両陛下がタリンご訪問の際には、この宮殿内でご昼食を召し上がられました。  (「Privet!ロシア タリンのお勧め観光スポット-カドリオルグ公園」より)]

[カドリオルグ宮殿・wikipedia-photowikipedia-photo、冬の宮殿・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo]

カメラ北北東方向がカドリオルグ宮殿&公園(Kadriorg Palace & Park)です。

カドリオルグ宮殿前のカメラです。

カドリオルグ宮殿二階ホールのカメラです。

カドリオルグ宮殿東側庭園のカメラです。

カドリオルグ宮殿東側庭園のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*