クム美術館(KUMU Art Museum)

マーカーはクム美術館(KUMU Art Museum)です。

クム美術館(KUMU Art Museum)
[エストニア国立美術館の本館であるKUMU美術館では、国内の作品や現代美術の展示も見ることができるので、文化に興味のある方には必見です。 約10年もの準備期間を経て、ようやく2006年にオープンしたKUMU美術館は、建物自体も芸術作品であり、モダン建築の傑作品であると高く評価されています。カーブやシャーブが特徴的な建物で、材料には銅や石灰岩をふんだんに利用しています。建物自体も石灰岩の崖に一部食い込むような形で建設されました。 KUMU美術館の展示の主な目的は多様な観衆にアピールすることです。展示はクラシックなものから、モダンなものまで、そしてそれらの中間に位置するような作品もあります。館内プログラムは18世紀から今日に至るまでの芸術を特徴としていて、第二次世界大戦までのエストニア芸術、ソヴィエト時代のエストニア芸術、そして特別展示である現代アートという様に区分されています。  (「モダンなタリン」より)]

[18世紀から現代に至までのエストニア美術作品を所蔵する国立美術館です。目を引く7階建ての近代的な建物の内部は、常設展と特別展があり、エストニア美術を一挙に楽しむことができます。古代の英雄を謳った国民史詩「カレヴィポエク」の挿絵家、クリスティヤン・ラウドの作品は必見です。  (「タリン | DTACエストニア観光情報局」より)]

カメラ南南東方向がクム美術館(KUMU Art Museum)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*