タリンバスターミナル

マーカーはリガバスターミナルです。

タリンバスターミナル(Tallinna Bussijaam)
[サンクトペテルブルクリガなどには鉄道が通じていたが、エストニア国鉄の路線運行見直しにより直通列車は運行していない。GO Railの運行によりモスクワレニングラーツキー駅への便だけが運行されている。
ローカル線も廃止された区間が多く、利用価値があまりない。その反面、長距離バスは充実している。ユーロラインズを初め各社が、国内、サンクトペテルブルクや、バルト三国の諸都市、ドイツイギリスポーランド等への路線を運行している。ラトビアの首都リガからは、バスで約5~6時間、サンクトペテルブルクからも6~7時間である。  (wikipedia・タリンより)]

[バスターミナルは、市内中心部からトラム2,4番で10分ほど(Autobussijaam電停)。ターミナルには、コンビニ、カフェ、ATMがあり、無料の無線LANも利用可。タクシーを利用する場合、バスターミナルから旧市街までは€6前後。なお、バスターミナルにはツーリストインフォメーションがない。
タリンの長距離バスターミナル・wikitravel-photo  (wikitravel・タリンより)]

[バルト三国を旅行するなら、路線網やサービスが充実している リュクスエクスプレス Lux Express の長距離バスが便利です。今日はエストニアのタリンからラトビアのリガまで乗車したLux Expressの国際バスをご紹介します。まるで隣の町に行くように…こんな気軽に国を越えられるんだ!と感じていただければ幸いです。
エストニアからラトビア、タリンからリガ。バルト三国を結ぶバス会社は複数あります。タリン~リガ(リガバスターミナル)~ヴィリニュス(ヴィリニュス・バスターミナル)と移動するなら、バルト三国で充実した路線網とぶっちぎりの高評価を集めているLux Expressに決め打ちで良いと思います。
インターネットでも予約できるのですが、Kitagawaはこういう乗り物の予約手続きそのものが好きなので、わざわざバスターミナルまでやってきました。他のバス会社と違って、Lux Expressは自前のオフィスを開いて切符を直売しています。一般の窓口や代理店では買えませんので注意が必要です。ここタリンではバスターミナルの2階に専用の窓口がありました。
エストニアのタリンとラトビアのリガを結ぶLux Expressのバスは毎日10便運行されており、所要4時間半。車輌のクラスは3つに分かれていて、2014年現在「Lux Express Lounge」が €28、「Lux Express Special」が €21、「Lux Express」が €18となっています。さらに安い「Simple Express」も毎日2便あり、こちらは €13です。僕らは12時45分発のLux Express Specialを選択、2013年4月現在で 1人€21(2,752円)でした。別途、予約手数料として €2が必要です。もちろん支払いはクレジットカードでOK、英語も問題なく通じます。  (「Lux Express国際バス(エストニア・タリンからラトビア・リガ …」より)]

バスターミナル (タリン) – フォートラベル長距離バスに乗ってラトビアからエストニアまで行ってみた

カメラ南南西方向がタリンバスターミナルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*