ピョートル大帝の別荘(現在は博物館)

マーカーはピョートル大帝の別荘です。

ピョートル大帝の別荘(現在は博物館)
[.カドリオルグ公園内の宮殿が完成するまで、ピョートル大帝はちょくちょくタリンにやって来て、マロニエ林の木陰にある小さな別荘に滞在していました。現在その建物はピョートル大帝の所持品などを展示する博物館となっています。ピョートル大帝はより多くの人々がこの公園を訪れることを望んでいました。ピョートル大帝がある日、カドリオルグ公園に誰もやって来ないことを不思議に思い、監視兵に尋ねると、将校が一人たりともツァーリの庭に寄せ付けないからだとの答えが返ってきました。それを聞いた大帝は、誰もが美しい公園を楽しむ権利があり、その秩序を見守るのが兵士の役目であると市民に公表したのでした。  (「ピョートル大帝が愛した美しい公園-カドリオルグ公園」より)]

Peter the Great House Museum – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がピョートル大帝の別荘(現在は博物館)

ピョートル大帝の別荘内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*