ヴィル・センター(Viru keskus)

マーカーはヴィル・センター(Viru keskus)です。

ヴィル・センター(Viru keskus)
[タリンの代表的なショッピングセンター、ヴィル・センター(Viru keskus)は、ロッテルマン・センターの南側、Narva maantee通りを挟んですぐ向かいにあります。併設のソコス・ホテル・ヴィル (Sokos Hotel Viru)は新市街のランドマークにもなっているソ連時代の高層ビルです。冷戦時代には、最上階の「ラジオ・ルーム」が西側からのスパイ情報をキャッチし、モスクワに届けていました。  (「エストニア名所図会 – タリン – 新市街」より)]

[エストニアのタリンの中心部にヴィル・センター Viru Keskus というショッピングセンターがある。このショッピングセンターと現在は事実上一体になっているタリン・デパート Tallinna Kaubamaja は,別の企業体である。ヴィル・センターは,ソビエト連邦崩壊後の2004年に開店した専門店からなるデパートで,以前はバスターミナルと駐車場があったところに建っているが,タリン・デパートはソビエト時代の1960年に国営デパートとして開店した,エストニア的には老舗百貨店である。
1950年代,タリンの人口は急激に増加し,市民の需要に答えるために,ソ連の中でも最も先進的な企画会社であったSojuzgiprotorg のレニングラート支社が設計して開店したタリン・デパートは,カウンターで,客が店員に商品て見せてもらって買い物をする方式のデパートしてソ連邦最初のものだったという。自分で商品を手にとってレジに持っていくセルフサービス式の売り場が,1982年には7割を超えたと言われるが,1970年代の終りに初めてエストニアに行った私は,タリン・デパートでは店員にロシア人が多く,商品名をロシア語で告げなければ買えなかったことをはっきりと覚えている。  (「老舗デパート – Tallinna kaubamaja: エストニア情報瓦版 – Vanapagan 」より)]

カメラ北西方向がヴィル・センター(Viru keskus)・エントランスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*