ヴィル門

マーカーはヴィル門です。

ヴィル門
[Vene通り/Viru通り交差点を東に行くと、正面に円柱の塔が2つ見えてきます。かつては陸路で町に入る場合の正面玄関であり、現在も新市街との境目になっているヴィル門です。かつてのヴィル門は幾重もの防御が施された巨大な城門でしたが、19世紀後半の都市整備でほとんどが取り壊されました。2つの円柱の塔は、その名残りです。塔と塔の間から見える高層ビルはソ連時代のランドマーク、ソコス・ヴィルホテルです。  (「エストニア名所図会 – タリン – 旧市街 – 下町・南東部」より)]

[ ヴィル通りの端に建つ、2つの小さな円柱の塔から形成された門です。その昔、この門の後ろには大きな四角い塔を含む城壁がありましたが19世紀に交通整理が行われ、門の大部分が取り壊されました。現在残っているツルで覆われたこの2つの塔は、タリンのシンボルとなっています。  (「タリン | DTACエストニア観光情報局」より)]

カメラ東方向がヴィル門です。

カメラ西方向がヴィル門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*