修道院門(Kloostrivärav)

マーカーは修道院門(Kloostrivärav)です。

修道院門(Kloostrivärav)
[スール・クローストゥリ(Suul-Klossetri)通りの城門は「修道院門(Kloostrivärav)」で、現在の形に修復されたのは19世紀末のことです。この辺りの城壁はかなり保存状態が良く、登ることもできます。外側の公園はいくつもの塔を同時に望めることから「塔の広場(Tornide väljak) 」と呼ばれています。  (「エストニア名所図会 – タリン – 旧市街 – 下町・北西部」より)]

エストニア・タリン旧市街その2 – Pooske 旅行記

カメラ西方向が修道院門(Kloostrivärav)です。

カメラ東方向が修道院門(Kloostrivärav)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*