処女の塔(ネイツィトルン・Neitsitorn)

マーカーは処女の塔(ネイツィトルン・Neitsitorn)です。

処女の塔(ネイツィトルン・Neitsitorn)
[「処女の塔(ネイツィトルン、Neitsitorn)」の名前にも中世ならではの皮肉がこめられていて、実際には売春婦を収容する監獄でした。三階建ての塔は、今はカフェになっています。  (「エストニア名所図会 – タリン – 旧市街 – 山の手南東部」より)]

[デンマーク王の庭園に隣接した、14世紀に建造された四角い塔です。かつて娼婦を収容した牢獄として使用されていた建物で、ここでは怪奇現象が起こると町の人々が噂をしています。  (「タリン | DTACエストニア観光情報局」より)]

カメラ北北東方向・四角の塔が処女の塔(ネイツィトルン・Neitsitorn)で、カメラ東方向が台所を覗く塔(キーク・イン・デ・キョク、Kiek in de Kok)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*