短い足(リュヒケ・ヤルグ、Luhike Jalg)

マーカーは短い足(リュヒケ・ヤルグ、Luhike Jalg)です。

短い足(リュヒケ・ヤルグ、Luhike Jalg)
[タリン旧市街の下町と山の手を結ぶ道は2つあり、それぞれ「長い足(ピック・ヤルグ、Pikk Jalg)」「短い足(リュヒケ・ヤルグ、Luhike Jalg)」という名前がついています。 「短い足」は近道ですが急な坂と階段になっていて、「長い足」のほうがやや緩やかです。「短い足」は中世の住宅や居心地の良さそうなレストランがある歩行者専用の路地で、タリンで最も美しい道の一つに数えられています。途中にある小さなゲートは、山の手の貴族の横暴から下町の商人や庶民を守るために作られたそうです。  (「エストニア名所図会 – タリン – 旧市街 – 山の手南東部」より)]

カメラ西方向が短い足(リュヒケ・ヤルグ、Luhike Jalg)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*