聖カタリーナの小径(Katariina Kaik、カタリーナ・ギルド通り)

マーカーは聖カタリーナの小径(Katariina Kaik、カタリーナ・ギルド通り)です。

聖カタリーナの小径(Katariina Kaik、カタリーナ・ギルド通り)
[「ヘッレマン塔」の入り口の北側、左側にある薄緑色の建物に2つのアーチがあります。南側のアーチは中に入ることができるので、くぐってみましょう。このトンネルの奥には、「タリンで最も中世を感じられる場所」とも言われる「聖カタリーナの小径(Katariina Kaik、カタリーナ・ギルド通り)」があります。この路地の北側にはかつてドミニコ修道院に併設されていた聖カタリーナ教会(Katolik kirik)がありました。工芸職人のギルド「聖カタリーナ・ギルド」があり、中世そのままの小部屋でエストニア伝統の工芸品(ガラス製品、陶器、キルト、帽子など)を作っています。作業は一般に公開されており、工芸品を買うこともできます。  (「エストニア名所図会 – タリン – 旧市街 – 下町・南東部」より)]

[かつてあった聖カタリナ教会の裏手にある小径です。ここには工芸品の作業場が集まり、アーティスト達が伝統的な手法でガラス器や帽子、キルト、セラミック、宝石類、手塗りの絹などを作成・販売しています。オープンスタジオでは、ガラス吹きや機織り、陶器の製作などの製作風景が見られます。  (「タリン | DTACエストニア観光情報局」より)]

カメラ位置はMüürivahe通りで、カメラ西方向が聖カタリーナの小径(Katariina Kaik、カタリーナ・ギルド通り)の出入り口です。

カメラ位置はVene通りで、カメラ東南東方向が聖カタリーナの小径(Katariina Kaik、カタリーナ・ギルド通り)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*