自然博物館(Loodusmuuseum)

マーカーは自然博物館(Loodusmuuseum)です。

自然博物館(Loodusmuuseum)
[「自然博物館(Loodusmuuseum)」は、菩提樹があるフック・ハウスのすぐ左隣にあります。トンネルをくぐって中庭に入ると、その右奥に入り口があります。バルト海などに生息する魚などが展示されています。  (「 エストニア名所図会 – タリン – 旧市街 – ライ通り」より)]

[自然博物館(Loodusmuuseum)はちょっと分かりにくい場所にあります。旧市庁舎広場(Raekoja Plats)から時計が特徴的な聖霊教会(Pühavaimu Kirik)の通りに出て、さらに1本左(西)の通りに行きます。この通りは、ライ通り(Lai)というようです。この門から中に入って、右奥に入口があります。展示の数は少なく、魚が中心です、どうしても行く必要のあるところではありませんが、興味があればどうぞ。  (「エストニア(3) - タリン旧市街の博物館 – ドイツ・マールブルク日記」より)]

カメラ北西方向・黄色の建物のゲートをくぐって中庭の右奥に自然博物館(Loodusmuuseum)があります。

カメラ北西方向が自然博物館(Loodusmuuseum)入口です。

自然博物館(Loodusmuuseum)内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*