自由の広場(ワバドゥセ広場・Vabaduse väljak)

マーカーは自由の広場(ワバドゥセ広場・Vabaduse väljak)です。

自由の広場(ワバドゥセ広場・Vabaduse väljak)
[Estonia puiestee通りを更に西に進み、Pärnu maantee通りを渡った先にはタリン最大の広場、「自由の広場(ワバドゥセ広場、abaduse väljak)」があります。「自由の広場」は、2009年に完成した比較的新しい広場です。かつては旧市街の城門の一つ「ハルユ門(Harju värav)」があった場所で、広場の北西にあるガラスパネルから門塔の土台を見ることができます。東側に立つ聖ヨハネ教会(Jaani Kirik)は比較的新しい教会で、合唱団のコンサートなどが催されます。西側の丘に立つ十字架は、1918年から1920年までの最初の独立戦争を記念した「独立戦争記念碑」です。  (「 エストニア名所図会 – タリン – 新市街」より)]

[西側から広場と聖ヨハネ教会の眺め・wikipedia-photo、1919年の最初のエストニア独立記念日・wikipedia-photo、1943年のナチス・ドイツ占領中の広場・wikipedia-photo]

カメラ北方向が自由の広場(ワバドゥセ広場・Vabaduse väljak)です。

「独立戦争記念碑」前のカメラです。

「独立戦争記念碑」前夜のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*