アウガルテン磁器工房・博物館

マーカーはアウガルテン磁器工房・博物館です。

アウガルテン磁器工房・博物館
[アウガルテンにある磁器博物館は、かつて皇帝家の遊宴に用いられた建物で、内部には創設期から現代まで、アウガルテン磁器の歴史が紹介されています
博物館の最初の部門では、中国における磁器製造の起源とヨーロッパ宮廷への伝播に加え、1718年クラウディウス・インノケンティウス・ドュ・パキエによって設立された最初の磁器工房を紹介しています。この磁器工房は1744年、皇帝家の所有となりました。展示されているのは、創設者時代のバロック磁器、更にロココ、歴史主義、ビーダーマイヤーなどの磁器です。第一部の締めくくりは、カイザーセンメルと呼ばれる名高い磁器類です。1864年、帝室磁器工房は終焉を迎えました。
展示の第二部は20〜21世紀の作品を紹介しています。1923年、新たなアウガルテン磁器工房が、現在の位置に設立され、帝室マニュファクチャーの伝統を受け継ぐこととなりました。ヨーゼフ・ホフマン、ワルター・ボッセ、ヘルタ・ブーハーなど、モダンなデザイナーの作品が1920年代から1930年代のハイライトです。1950年代には明快でシンプルなデザインが好まれ、1970年代のアリック・ブラウアーの作品も印象的です。現代作品のフィナーレはフィリップ・ブルーニの作品で、1920年代の伝統を受け継いでいます。
両展示フロアの間には、オリジナルの窯が立っています。改装工事を終えたばかりの建物内のショップとレストランが皆様のお越しをお待ちしています。  (「アウガルテン磁器博物館 – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

[1718年創業のウィーン・アウガルテン磁器工房はヨーロッパで2番目に古い窯元です。現在も熟練した職人達によって手作り手描きの手法により生産されています。
アウガルテン磁器工房は創立当時より著名な芸術家たちの協力を得てきました。バロックからモダンまでこれまでに約2万5000点の作品が生み出されました。ウィンナーローズはビーダーマイヤー時代からの人気の高いモチーフです。1929年にはヨーゼフ・ホフマンのデザインによる世界的に有名なメローネンサービスが誕生しています。現在は若手デザイナーがほぼ300年におよぶ伝統を基調としながら、斬新でモダンなデザインを生み出しています。特注デザインも受注しています。アウガルテン磁器はウィーン旧市街のフラッグシップストアーや市内の磁器陶器店でお求めいただけます。
ガイドツアー
女帝マリアテレジアが狩猟の館として使用したアウガルテン宮殿にある工房を見学されると、長い年月を経てもなお、厳しいクラフトマンシップに裏打ちされた繊細な技の数々が職人達に受け継がれていることがご覧いただけます。「白い黄金」と称されるアウガルテン磁器製品が生まれる課程をじっくりご見学ください。宮殿内の磁器博物館にはアウガルテン磁器の豊かな歴史をご覧いただけます。
工房&磁器博物館見学
所要時間約1時間、ドイツ語と英語によるガイド
月曜〜木曜 10時15分および11時30分より(祭日を除く)
予約不要
料金14ユーロ/お一人

金曜日のガイドは事前にご連絡ください。
個別団体ガイドは別途ご予約ください。  (「ウィーン・アウガルテン磁器工房 – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

【オーストリア】ハプスブルク家御用達、アウガルテン磁器工房見学 | 海外

カメラ北東方向がアウガルテン磁器工房・博物館です。