ウィーン・コンツェルトハウス

マーカーはウィーン・コンツェルトハウスです。

ウィーン・コンツェルトハウス
[ウィーン・コンツェルトハウス(Wiener Konzerthaus)は、オーストリアの首都ウィーンに1913年に完成したコンサートホール。リヒャルト・シュトラウスが杮落としに5管編成の「祝典前奏曲」作品61を書いて初演したことで有名。実際の運営は近くのムジークフェラインと同程度の頻度でコンサートを企画しているが、どちらかというと現代音楽などの頻度が少し高い。なお立見席は無いのでそれほど学生向きではない。
施設概要
●大ホール 1865席
●モーツァルトホール 704席
●シューベルトホール 366席
1913年10月19日にフランツ・ヨーゼフ1世記念ガラコンサートを挙行。フェルディナンド・フェルナーが設計を担当。現在はウィーン交響楽団ウィーン室内管弦楽団などのフランチャイズホールになっている。なお、大ホールに5つのマニュアルと116個のストップパイプオルガンがある。
ウィーン・コンツェルトハウス (2006年)・wikipedia-photo、大ホール・wikipedia-photo  (wikipedia・ウィーン・コンツェルトハウスより)]

カメラ初期設定方向がウィーン・コンツェルトハウスです。