ウィーン・シナゴーグ

マーカーはウィーン・シナゴーグです。

ウィーン・シナゴーグ
[ホロコースト
1934年3月の調査では、オーストリア全体で19万1481人、うちウィーンに17万6034人のユダヤ人(:ユダヤ教徒)が居住していたが、アンシュルスの直前には全体で18万1882人(ウィーンは16 万 7,249 人)と減少している。アンシュルス後にはユダヤ人指導者の逮捕、シナゴーグの破壊、商店へのボイコットなどの弾圧がすすめられた。 1938年8月にはユダヤ人の国外退去計画を実行するためにアドルフ・アイヒマンが派遣され、毎月8000人のユダヤ人が財産を残して亡命を余儀なくされる状態になり、総計で12万8500人のユダヤ人が国外に亡命している。うち2万4500人はイギリスを除くヨーロッパ諸国に亡命したが、彼らの多くは侵攻してきたドイツによるホロコーストに直面することになる。
最終的に、6万5000人のオーストリア在住ユダヤ人が各地の強制収容所で命を落とし、1945年5月を迎えたウィーンのユダヤ人は5512人に過ぎなかった。  (wikipedia・ナチス・ドイツ統治下のオーストリアより)]

ウィーンのユダヤ人街」、「中欧の旅:ウィーン3,ウィーンのユダヤ地区 – スカースデール村から

カメラ南方向がウィーン・シナゴーグです。

ウィーン・シナゴーグ内のカメラです。