ウィーン国際バスターミナル

マーカーはウィーン国際バスターミナルです。

ウィーン国際バスターミナル
[近隣諸国へのバスターミナルは、地下鉄ウーバーンU3号線のErdbergエアトベルク駅と高架通路で繋がっています。
高速道路の下にあるため、暗く、操車場のような印象を受けます。
道路に面した建物の間口が狭いほうに窓口があります。
切符はオンラインか窓口で事前購入をしたほうがよいでしょう。
国際路線であるため、出発前30分までには到着し、乗車前に空港のようにカウンターでパスポート提示してチェックイン。
狭い建物なので、待合室の椅子の数も少なく、ロッカーはそれほど多くはありませんが、大型スーツケースも入るサイズのものがあります。
Wienの市中心StephansplatzからU3線で10分かからなあところにありますが、主要ホテルから荷物を持って地下鉄でここまでくるのはつらいかもしれません。ヴィーンに戻ってくるなら、荷物はホテルに預けておくほうが賢明です。  (「『近隣国への長距離バス乗り場』by Boa Viagemさん – ウィーン国際バス」より)]

長距離バス クチコミガイド【フォートラベル】|Longdistance bus|ウィーン

Eurolines(ユーロラインズ)
[Eurolinesは、1985年に設立され、ブリュッセルに本社を置くヨーロッパ中の29のバス会社の協力ネットワークです。 Eurolinesバスはヨーロッパのすべての旅行ルートを網羅しており、600以上の目的地に到着できます。Eurolinesはヨーロッパの隣国間の旅行のメジャーな交通手段です。 Eurolinesの分散型経営モデルにより、サービスは国によって異なります。  (「ヨーロッパの長距離バス」より)]

Eurolines ホームページ」 – 「ルートマップ

ユーロラインズの利用方法紹介サイト – [欧州で長距離バスを利用して旅行する]

FlixBus(フリックスバス)
[FlixBus(フリックスバス)は2013年にドイツの若い3人の起業家によって設立された、ドイツのミュンヘンを起点とする長距離バスの運行会社です。
そのリーズナブルな料金設定と、ヨーロッパの人気観光地を網の目状に網羅する路線数の多さから、2013年から2017年までの4年間だけで「FlixBus」の利用者数は約4千万人に達しました。
元々は、ドイツ国内のみで運行されていましたが、既存の交通手段よりもリーズナブルで、WEBで簡単に予約ができる手軽さなどから、瞬く間に「フランス」「イタリア」「デンマーク」「クロアチア」など、そのネットワークはヨーロッパ全土に広がっていきました。  「ヨーロッパの格安長距離バス「FlixBus(フリックスバス)」の予約方法」より)

FlixBus(フリックスバス)ホームページ」 – 「ウィーンのバス停」(ウィーンには8つのバス停があることに注意してください。)

ポルスキバス(Polskibus)が独FlixBus傘下に!予約時の注意点とチケット購入 …

Vienna International Busterminal – Google Map 画像リンク」「Pocetna – Google Map 画像リンク」「FlixBus to Bratislava – Google Map 画像リンク」「VIB – Vienna International Busterminal – Google Map 画像リンク」「Erdberg – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がウィーン国際バスターミナルです。