ウィーン市立ユダヤ博物館

マーカーはウィーン市立ユダヤ博物館です。

ウィーン市立ユダヤ博物館(Jüdisches Museum Wien)

[Google アートプロジェクト] – 「ウィーン市立ユダヤ博物館

[ウィーンはユダヤ文化と関わりの深い都市だ。
19世紀のウィーンはユダヤ人の迫害が行われていた東欧圏の中にありながら、比較的ユダヤ人に寛大だったため、この時期に多くのユダヤ人がウィーンに移住した。
そんなユダヤ文化について知ることができる施設が、ウィーンのドロテーアーガッセに建つ「ユダヤ博物館」と、ユダヤ人広場に建つ「ユダヤ人広場博物館」の2箇所だ。
ユダヤ人の移住の歴史や資料、ユダヤ人コミュニティの遺産など、ユダヤ文化を深く理解するための展示物が揃っている。
ユダヤ人広場に建つホロコースト記念碑は、迫害されたユダヤ人の歴史を記憶にとどめ、過ちを繰り返さないために作られた。  (「ユダヤ博物館とユダヤ人広場博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業」より)]

[ユダヤ美術館ではその当時のユダヤ人の活躍やウィーンにおけるユダヤ人の歴史のあとを辿ることができます。私たちが訪れた時は モーツァルト・イヤー2006の記念企画としてイタリア系ユダヤ人、ロレンツォ・ダ・ポンテの特別展が開かれていました。宮廷劇場付きの詩人だったダ・ポンテは、1782年にモーツアルトと知り合い、音楽史上の名作に数えられるオペラ「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」 を共同で制作しています。ダ・ポンテはその後トリエステ、ロンドンなどを経てアメリカに移りますが、展示の数々からウィーンにおける当時のユダヤ人の生活の様子などを伺い知ることができます。
ユダヤ美術館(地下鉄、シュテファン広場の近くにあります。)・画像リンク
ユダヤ美術館内部・画像リンク
「ロレンツォ・ダ・ポンテ」・画像リンク  (「中欧の旅:ウィーン3,ウィーンのユダヤ地区 – スカースデール村から」より)]

ユダヤ博物館ウィーン、オーストリア – HiSoUR 芸術 文化 美術 歴史

[ウィーン市立ユダヤ博物館入口・wikipedia-photo]

ウィーン市立ユダヤ博物館 – Google map 画像リンク

カメラ東方向がウィーン市立ユダヤ博物館入口です。