ウィーン市立図書館本館

マーカーはウィーン市立図書館本館です。

ウィーン市立図書館本館
[ウィーン市立図書館本館の新たな建物は、ガラスを大胆に用いた躍動的な外観が極めて印象的です。しかも建物からは、市街地の彼方にカーレンベルクやレオポルツベルクの丘、ウィーンの森のスカイラインなどを眺望することができます。
広々とした館内にはインターネットやオーディオ・コーナー、読書コーナー、カフェなどがあり、知的冒険の世界が広がっています。
地下鉄ブルクガッセ=シュタットハレ駅のすぐ上にそびえるスペクタクルな図書館は、EU全域を対象とするコンクールによって選ばれた建築家エルンスト・マイヤーの設計で、2003年にオープンしました。
堅牢な構造によって支えられた図書館は、オットー・ワグナー設計の駅とホームを包み込むように立ち、ウィーンで最も交通量の多い環状道路ギュルテルに隣接しています。豪快な外部階段は、そのままウルバン=ローリッツ広場へと続きます。広場を覆う軽やかなガラス屋根は、図書館より数年前に完成しました。この構成は、誰にでも利用できるオープンな情報源としての図書館を象徴するものです。ガラス張りドームの下にあるシックなカフェは、伸び伸びとして自由なコミュニケーションの空間です。
長さ150メートル、幅26メートルの館内には、総面積6000平方メートルのフロアがあり、毎年100万人以上の人々が、24万点に上るプリントメディアとエレクトロニック・メディア(CD、CD-ROM、DVD、ビデオ)を利用しています。  (「ウィーン市立図書館本館 – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

カメラ北東方向がウィーン市立図書館本館です。

ウィーン市立図書館本館ドームからのカメラです。