ウィーン建築センター

マーカーはウィーン建築センターです。

ウィーン建築センター
[ウィーン建築センター(Architekturzentrum Wien、略称The Az W)は、オーストリアウィーンミュージアムクォーターの一角にある美術館である。これは、建築やそれに関連した話題、特に20世紀、21世紀の建築と都市デザインについての展覧会、イベント、研究のセンターとして構想されたものである。これはオーストリアの国立美術館でもある。
常設展示「20世紀、21世紀のオーストリアの建築」は、1850年から現在までのオーストリアの建築の歴史を紹介するものである。 入れ替え展示は、現代建築を建築の歴史や将来の発展への展望を示しつつ紹介している。 イベントや活動を通して、建築は、「文化の規律であり、毎日の現象であり、また複雑な過程を伴ったもの」として提示されている。 これらのイベントには、専門家の講演やセミナー、ガイド付きの館内ツアー、子どもたちのためのワークショップ、出版、そして毎年開催のウィーン建築会議が含まれている。 美術館のカフェ、レストラン、MILOは、その店内のデザインの美しさでよく知られている記録と研究に携わる部門は、27,0000冊の禁帯出の図書を有する図書館やオンラインの建築データベースに事典の類(「オーストリア建築アーカイブ」、「オンライン建築辞典」)、20世紀、21世紀の建築に関係する資料の収集と保存を担当している。
美術館の入口・wikipedia-photo、館内の展示の一部・wikipedia-photo  (wikipedia・ウィーン建築センターより)]

カメラ北北西方向がウィーン建築センターの入り口で、カメラ南西方向がルードヴィヒ財団現代美術館になります。

カメラ位置はウィーン建築センター中庭で、カメラ南南東方向がウィーン建築センターの中庭側入り口です。