ウィーン西駅

マーカーはウィーン西駅です。

ウィーン西駅
[ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)は、オーストリアの首都ウィーンの鉄道駅。
1858年、モーリッツ・ローアの設計によって、ネオ・ルネサンス式の駅舎が建てられた。当時のウィーンは、まさに近代化にむけた都市改造が開始された時期で、街をとりかこむ市壁が残されていた。そのため、中心街からやや離れた所に立地している。第二次世界大戦に際して駅舎が破壊されたため、1954年に近代的な駅舎として再建された。2011年に駅舎が再建された。
オーストリア西部のリンツインスブルックザルツブルクなどを結ぶ列車が発着するほか、各国を結ぶ国際列車も発着する。ウィーン地下鉄のU3号線とU6号線も停車する。そのほか、駅からはウィーン国際空港や温泉保養地バーデン・バイ・ウィーンへと向かうバスも発着している。
片側ホーム1面1線、島式ホーム5面10線の合計6面11線を有する。2・3番線がWestbahn特急、4・5番線がICE超特急、6・7番線がRailjet超特急、8・9番線がオーストリア連邦鉄道特急、10・11番線がS 50普通とだいたい発車ホームが決まっているが、REX特別快速R快速に関してはどのホームからも発車する。
西駅・wikipedia-photo  (wikipedia・ウィーン西駅より)]

[ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)はウィーン市内にあるオーストリアの主要な鉄道ターミナル駅です。ザルツブルクやミュンヘンフランクフルトチューリヒブダペストブカレスト、ベルグレーブなど、ヨーロッパの主要都市を結ぶ列車の多くがこの西駅に到着します。
ウィーン西駅は、観光案内所やお身体が不自由な旅行者向けのアシスタントサービス、両替所やATM、公衆電話など旅行者にとって必要な設備を整えています。
駅に乗り入れている列車のタイプ:
高速列車(ICEレイルジェット、OBB)、シティナイトライン
駅構内サービス:
観光案内所、お身体が不自由なお客様やお子様だけでご旅行の際のアシスタントサービス、遺失物取扱所、トイレ、手荷物預かり所、両替所、Wi-Fiによるインターネット接続、ATM、公衆電話。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄:マイドリング駅へ行くには地下鉄U6線でフィラデルフィアブリュッケ駅で下車。町の中心部へ行くには地下鉄U3線に乗ってシュテファンスプラッツ駅で下車してください。ラントシュトラーセ駅はウィーン・ミッテ駅に直結しています。
バス:市内各所を結ぶ路線バスが西駅から深夜まで運行されています。
タクシー:駅のすぐ側にタクシー乗り場があります。
空港:ウィーン空港バスの3つの路線、地下鉄路線網やウィーン西駅からウィーン国際空港への接続が可能です。  (「ウィーン西駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

ウィーン西駅 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がウィーン西駅です。

カメラ北北東方向がウィーン西駅南口です。

カメラ西方向がウィーン西駅東口です。

ウィーン西駅二階コンコースのカメラで、カメラ南西方向がプラットホームになります。

ウィーン西駅二階コンコースのカメラで、カメラ南南西方向がプラットホームになります。

プラットホームのカメラです。