エルンスト・ハッペル・シュターディオン

マーカーはエルンスト・ハッペル・シュターディオンです。

エルンスト・ハッペル・シュターディオン
[エルンスト・ハッペル・シュターディオン(Ernst-Happel-Stadion.ogg Ernst-Happel-Stadion)は、オーストリアの首都ウィーンにある多目的スタジアム。このスタジアムを本拠地としているクラブは無く、サッカーオーストリアA代表の主な試合会場として知られている。
1928年にオーストリア共和国10周年を記念して新スタジアムの建設が決定、その3年後の1931年に、ドイツの建築家オット・エルンスト・シュバイツァー(Otto Ernst Schweizer)の設計によって完成した。こけら落としは1930年代まで行われていた「労働者オリンピック」。特に優れた安全性から、「世界で最もモダンなスタジアム」と高く評価された。当時の正式名はプラーターシュターディオン(Praterstadion)。収容人数は約60,000人であった。
しかし多目的使用できる便利性から、オーストリア代表チーム等のサッカー試合のみではなく、ナチスの演説会や集会、ドイツ・ナチス軍の基地、ユダヤ人の牢獄等として利用された暗い過去も持っている。
第2次世界大戦後、ナチス政治は崩壊し、オーストリア共和国が復活。スタジアムの再びスポーツ、及び音楽のコンサートでのみ使用されるようになる。1950年には収容人数約92,000人のスタジアムに拡大される。
1930年代から1960年代までヨーロッパでもトップレベルを誇っていたサッカーオーストリアA代表の影響もあり、オーストリア代表チームの試合には8万人以上の観客が集まることも珍しくなかった。
2008年UEFAヨーロッパ選手権・オーストリア・スイス大会に向けて新たに修築が行われ、53,008人の収容人数を誇るスタジアムとなった。同大会では決勝戦を含む計7試合が行われる。大会後は僅かな縮小工事が行われ、収容人数は51,905人となった。
歴史に残る最多入場者数は1965年のオーストリア対スペインの国際試合、観客数は92,708人であった(オーストリアが3‐0で勝利)。
名称由来
1992年には、同年に死去したオーストリアの歴史に名を残した名将、エルンスト・ハッペル監督を称えて現在の名称「エルンスト・ハッペル・シュターディオン」に変更された。
「エルンスト・ハッペル・シュターディオン」・wikipedia-photo  (wikipedia・エルンスト・ハッペル・シュターディオンより)]

カメラ南南東方向がエルンスト・ハッペル・シュターディオンで、カメラ北方向に地下鉄シュターディオン駅があります。

エルンスト・ハッペル・シュターディオン観客席のカメラです。