マリア・アム・ゲシュターデ教会(岸辺のマリア教会)

マーカーはマリア・アム・ゲシュターデ教会(岸辺のマリア教会)です。

マリア・アム・ゲシュターデ教会(岸辺のマリア教会)
[1158年ドナウ河支流の土手に建設されたこの教会は、「岸辺のマリア」と名付けられた。14世紀初頭に再建され、ゴシック様式の美しい天蓋と高さ56mの鐘楼をもつ建物となった。扉口には聖ヨハネを表わすレリーフが施されている。ルネサンス様式の主祭壇が置かれ、『受胎告知』の絵画が教会内部を飾る。  (wikipedia・マリア・アム・ゲシュターデ教会 – JTBより)]

ウィーンの名所・岸辺のマリア教会」、「マリア・アム・ゲシュターデ教会‐ウィーン旧市街の歴史的な建築」

カメラ南東方向がマリア・アム・ゲシュターデ教会(岸辺のマリア教会)です。

マリア・アム・ゲシュターデ教会(岸辺のマリア教会)身廊のカメラです。

マリア・アム・ゲシュターデ教会(岸辺のマリア教会)祭壇前のカメラです。