シェーンブルン動物園

マーカーはシェーンブルン動物園です。

シェーンブルン動物園
[シェーンブルン動物園(ドイツ語:Tiergarten Schönbrunn)もしくはウィーン動物園は、オーストリアの有名なシェーンブルン宮殿内に設置されている動物園である。 1752年に帝国の宮廷メナジェリー(小動物園)として設立され、世界で最も古い動物園となる。 今日のシェーンブルン動物園は、科学的に管理された動物園として、種の保存と自然の保護を主目的とするだけではなく、法律により教育的権限を委任された中央センターとみなされている。 バロック時代の建物が現在まで保存されており、ヴェルサイユ宮殿後、18世紀メナジェリーの印象を現代に伝えている。 近年には、現代的な動物園の建築要素が取り入れられた。
シェーンブルン動物園は、ジャイアントパンダを飼育する、世界でも貴重な動物園の1つである。 動物園のパンダは、「陽陽・ヤンヤン(雌)」「龍徽・ロンホイ(雄)」「福瀧・フーロン(雄)」「福虎・フーフー(雄)」と名付けられている。 フーロンは、2007年8月23日、ヨーロッパ初の自然受精により生まれた。 フーフーはちょうど3年後の8月23日生まれで、自然交配による妊娠であった。 約3年後の2013年8月14日、自然交配により生まれたパンダは「福豹・フーバオ(雄)」と名付けられた。 フーロンとフーフーは、現在は中国に返還されて、いない。
他の魅力ある見学先としては、熱帯雨林館が挙げられる。 見学者はアマゾン熱帯雨林を模したアクアリウムに案内され、アマゾン川の氾濫を体験することができる。 また近年、珍しい生息地に住む動物の展示も行われている。
2004年初めには、北極圏に住む動物の展示館が新しく開館した。
1906年7月14日には、世界で初めてゾウの繁殖に成功した。
1992年の民営化以来、WWFオーストリアの総裁でもあったヘルムート・ペヒラーナーを園長に迎え、動物園の大半を改装し、経営基盤を維持して いる。 現在の園長は、ダグマール・シュラッター(Dagmar Schratter)である。
今日、動物園は、さまざまな動物を対象とした個人・法人の後援会を設置したり、予約制で夜の見学や子供向けの特別プログラムを組んだりしている。 動物学的研究が動物園で行われている。
シェーンブルン動物園は1752年、神聖ローマ帝国皇帝でありマリア・テレジアの夫であったフランツ1世がアドリアン・ファン・シュテークホーフェン(Adrian van Stekhoven)に命じて、シェーンブルン宮殿の隣に帝国メナジェリー(小動物園)として創設された。 動物のいる飼育場は、帝国の朝食パビリオンを中心に放射線状に13枠、ちょうど切り分けたケーキのような形に集められた。
朝食パビリオンとメナジェリーの建物を建設したのは、ジャン・ニコラ・ジャド・ド・ヴィル=イッセイ(Jean Nicolas Jadot de Ville-Issey)である。 1540年にはすでに小さな動物園が存在していたが、完成してから市民に公開されたのは1779年になった。 当初、入園料は必要なかった。
「宮廷の朝食パビリオン。現在はカフェレストランとして使用されている。」・wikipedia-photo、シェーンブルン動物園のジャイアントパンダ・wikipedia-photo  (wikipedia・シェーンブルン動物園より)]

カメラ南南西方向が帝国の朝食パビリオンです。

帝国の朝食パビリオン内のカメラです。

ゾウの飼育エリアのカメラです。

ペンギン観察プール前のカメラです。

熱帯サル館のカメラです。