シェーンブルン宮殿庭園

マーカーはシェーンブルン宮殿庭園です。

シェーンブルン宮殿庭園
[豪華なバロック庭園は理想的な散策エリアです。芸術的に刈り込まれた生垣に縁取られたプロムナードには、様々な彫像や泉水が配され、カラフルな花壇が広がっています。1882年に完成したパルメンハウス(大温室)はヨーロッパ最大のものです。更に迷路庭園、日本庭園などのほか、丘の上のグロリエッテにはウィーン風カフェがオープン、市街地と周辺の見事なパノラマを見渡すことができます。宮殿の横にある庭園は、かつて皇帝家のプライベートな庭園でしたが、今は一般公開され、バロック時代の庭園芸術を今日に伝えています。1904年に完成した建物は砂漠の家となっており、数々のサボテンが繁茂しています。オーストリアや世界各国の動物たちが暮らすシェーンブルン動物園は、現存する世界最古の動物園です。多彩な動物たちの日常生活をシェーンブルン動物園で、ゆっくりご覧ください。
お薦め:世界遺産に登録されているシェーンブルン宮殿は広さ160ヘクタール、徒歩だけでなくパノラマバーン列車でも快適な見学ができます。庭園内を時速約10キロで走るジーゼル車は一周約50分、9つの停留所があり、パルメンハウスやグロリエッテなどを通ります。3月中旬から10月末まで毎日10時〜18時に2列車が運行、グロリエッテと宮殿のそれぞれで毎正時と30分に発着します。  (「ウィーンのバロック庭園 – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

カメラ初期設定方向がシェーンブルン宮殿庭園です。

シェーンブルン宮殿庭園ネプチューンの噴水前のカメラです。