シェーンブルン宮殿迷路庭園

マーカーはシェーンブルン宮殿迷路庭園です。

シェーンブルン宮殿迷路庭園
[かつて皇帝一族がそぞろ歩きをした庭園に、現在は迷路庭園で遊ぶ家族連れの歓声が響きます。
シェーンブルン宮殿の迷路庭園は1698年から1740年にかけて作られました。それぞれ異なったデザインをもつ合計6つのセクションからなり、全長3キロにわたる迷路の世界が広がっていました。その後徐々に迷路は簡素化され、1892年には完全に姿を消してしまいました。
百年後の1998年秋、可能な限りオリジナルの設計に基いた迷路庭園がふたたびシェーンブルン宮殿に姿を現わし、内外から訪れる数多くのひとたちの人気を呼んでいます。  (「シェーンブルン宮殿の迷路庭園 – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

シェーンブルン宮殿迷路庭園のカメラです。