シュテファン大聖堂

マーカーはシュテファン大聖堂です。

シュテファン大聖堂
[シュテファン大聖堂(独Stephansdom)はオーストリアの首都ウィーンにあるゴシック様式大聖堂。ウィーン大司教区司教座聖堂である。シュテファン寺院とも呼ばれる。
ウィーンのシンボルで、その観光名所のひとつである。この聖堂を含むリング(Ring)と呼ばれるウィーン歴史地区は2001年にユネスコ世界遺産に登録された。ハプスブルク家の歴代君主の墓所であるほか、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとコンスタンツェ・ウェーバーの結婚式が行われ、また葬儀が行われた聖堂としても知られている。
オーストリア公ルドルフ4世の命によって建造されたこの聖堂は、1359年に65年がかりで南塔が完成。107メートルの高さを持ち、教会の塔としてはウルム大聖堂(161メートル)、ケルン大聖堂(157メートル)についで世界で3番目の高さがある。
2008年1月16日にはサラ・ブライトマンがここでコンサートを開催している。
建築様式
外観はゴシック様式で、内部の祭壇はバロック様式である。12世紀から建造が始まったこの聖堂で最古のものは13世紀の後期ロマネスク正面入口の門である。第二次世界大戦では直接の爆撃は受けることはなかったが、延焼により南塔にあったプムメリンという大きな鐘が落下するなど大きなダメージを受け、戦後寄付などにより再建修復が行われている。
プムメリン
建造当時、南塔にあった大きな鐘。1683年にトルコ軍が敗退した際に残していった大砲などの武器を溶かし鋳造した。北塔のエレベータで上がると見ることが出来る。
カタコンベ
地下室。1679年にペストがヨーロッパ中に蔓延した際、ウィーンでは約15万人の死者がでた。この地下室にはペストで死んだ人々約2,000体の遺骨と、ウイーンの司教、ハプスブルク家の心臓以外の内臓が保管されている。カタコンベの見学者のためのガイドツアーが一日数回行われている。
シュテファン大聖堂・wikipedia-photo、近景・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、ステンドグラス・wikipedia-photo、パイプオルガン・wikipedia-photo、外部・wikipedia-photo、屋根瓦で描いたモザイクの様な紋章・wikipedia-photo  (wikipedia・シュテファン大聖堂より)]

カメラ東南東方向がシュテファン大聖堂です。

シュテファン大聖堂後陣のカメラです。

シュテファン大聖堂拝廊のカメラです。

シュテファン大聖堂身廊のカメラです。

シュテファン大聖堂祭壇前のカメラです。