フランツ・ホア・シュターディオン

マーカーはフランツ・ホア・シュターディオンです。

フランツ・ホア・シュターディオン
[フランツ・ホア・シュターディオン(Franz-Horr-Stadion)は、オーストリアの首都ウィーンにあるスタジアム。
1925年に建設されたこのサッカー専用スタジアムは、オーストリア・ブンデスリーガに属しているFKアウストリア・ウィーン(FK Austria Wien)が本拠地として使用している。
完成当時の正式名称はČeské srdceスタジアム、当時オーストリア1部に所属していたSK スロヴァン・ウィーン(SK Slovan Wien)の本拠地として使用されていた。それ以降はACスロヴァン・ウィーン(AC Slovan Wien)、「チェコのハート」(Verein Tschechisches Herz)、FC ウィーン(FC Wien)等数多くのクラブが当スタジアムをホームスタジアムとして使用していた。
それまでは確定したホームスタジアムを持っていなかったFKアウストリア・ウィーンが、当スタジアムを本拠地として使用し始めるのは1973年のこと。1974年にはウィーン州サッカー協会会長として優れた功績を残したフランツ・ホアを称えて、現在の名称「フランツ・ホア・シュターディオン」に変更された。
何回もの大掛かりな修築・拡大工事が行われ、現在の収容人数は14,000人。周辺に既に様々な建物があることから、これ以上のスタジアム拡大は不可能とされており、スタジアムの拡大化よりはモダン化が進められている。
当スタジアムの北側にはFKアウストリア・ウィーンのトレーニング場、東側にはウィーン州サッカー協会のオフィスがある。南スタンドはFKアウストリア・ウィーンの伝説的な選手、マティアス・シンデラーを称えて、「マティアス・シンデラー・スタンド」と呼ばれている。
FKアウストリア・ウィーンはUEFA主催の試合では、対戦相手、またそれによって見込める集客数によって、当スタジアム、もしくはエルンスト・ハッペル・シュターディオンを使用している。
2011年に大手保険会社のGenerali社がネーミングライツを獲得したため、現在では「ジェネラーリ・アレーナ」(Generali Arena)に名称が変更されている。
「ジェネラーリ・アレーナ」・wikipedia-photo  (wikipedia・フランツ・ホア・シュターディオンより)]

フランツ・ホア・シュターディオン – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がフランツ・ホア・シュターディオンです。

フランツ・ホア・シュターディオン、フィールドのストリートビューです。

フランツ・ホア・シュターディオン、クラブ棟エントランスのストリートビューです。

フランツ・ホア・シュターディオン、クラブ棟観客席からのカメラです。