フンデルトヴァッサーハウス・ウィーン

マーカーはフンデルトヴァッサーハウス・ウィーンです。

フンデルトヴァッサーハウス・ウィーン
[フンデルトヴァッサーハウス・ウィーンは、オーストリアにおける現代建築のハイライトのひとつです。画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがデザインした建物には、全世界の人々が訪れています。
ウィーンの集合住宅フンデルトヴァッサーハウスには、画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(本名フリードリヒ・シュトーヴァッサー)の思想と希望が集約されています。同画家が設計したカラフルなフンデルトヴァッサーハウスは、魔法的に人々の目を惹きつけます。ここに住む入居者は、自宅の外壁やバルコンを好みに応じて自由にデザインする権利があります。バルコンや屋上を飾る200本以上の木々と潅木によって、フンデルトヴァッサーハウスは都会のオアシスとなっています。プライベートな集合住宅であるこの建物は外観のみ見学できます。
フンデルトヴァッサーハウスの向かい側にはフンデルトヴァッサー・ヴィレッジがあり、ここは一般開放されています。タイヤ工場だった建物を基礎として1990〜1991年に創造されたヴィレッジは、典型的なフンデルトヴァッサー・スタイルの内装で、バーのある「村の広場(ドルフプラッツ)」を中心に様々なショップが並んでいます。
画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーのユニークなデザインによるフンデルトヴァッサーハウスは、ウィーン3区にある集合住宅で、1983〜1985年に建てられました。専門的設計には建築家のヨーゼフ・クラヴィナが参加、施工は建築家ペーター・ペリカンが担当しています。こうして完成した建物は、今や世界的に知られています。
お薦め:
カフェハウス「クンスト・ウント・カフェ」はフンデルトヴァッサーハウスの1階にあり、フンデルトヴァッサー自らが内部を案内する映画が無料上映されています。  (「フンデルトヴァッサーハウス・ウィーン – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

カメラ南方向がフンデルトヴァッサーハウス・ウィーンで、カメラ北方向にフンデルトヴァッサー・ヴィレッジがあります。

フンデルトヴァッサー・ヴィレッジ内のカメラです。