ブルネンマルクト

マーカーはブルネンマルクトです。

ブルネンマルクト(Brunnenmarkt)
[旧市街から少し離れたウィーン16区(オッタークリンク)にはブルネンマルクトがあり、活気溢れるホットゾーンとして人気を集めています。市場には南国の香りが広がり、とりわけトルコの雰囲気が濃厚です。
周辺には若手アーチストが本拠地を構え、近くのイッペンマルクトとブルネンマルクトは、ウィーンで最もエキサイティングなゾーンのひとつとなっています。 食料品店を兼ねたレストラン「ノイ(Noi)」(Payergasse 12/4, 1160 Wien)では、味わい豊かなバイオ食品やバイオ料理を楽しむことが出来ます。特に夏には、騒音のない屋外の席が快適です。 その近くには「シュタウツ・パヴィリオン(Staud’s Pavillon)」(Yppenmarkt 93, 1160 Wien)があり、最高品質の保存食品やピクルス類が並んでいます。これは、オーナーであるシュタウト氏の母上が経営するもので、息子の会社の製品を販売しています。もちろん味は最高です。
イッペンマルクト(Yppenmarkt)には、ママレードやピクルスの老舗シュタウドに加え、多くのシックなレストランが並んでいます。
広いガーデン施設を有する「アン・ドー(An-Do)」(Yppenmarkt Stand 11-15, 1160 Wien)は、夏にリニューアル・オープン、地中海料理を専門としています。 オリジナルな建物は拡張され、魚料理部門が加えられたのです。 小規模ながら魅力溢れる市場のニューフェースは「マスカット(Muskat)」(Yppenmarkt Stand 92, 1160 Wien)で、かつて鮮魚専門店だった建物にあり、16時まで朝食が供されるほか、書籍も備えられ、ちょっとページをめくったり、購入することもできます。  (「ウィーンの食事情・レストラン・市場ほか – Austria.info」より)]

ウィーン2014:ブルンネンマルクト Brunnenmarkt, Wien – 採集生活

ブルネンマルクトのカメラです。