ベルヴェデーレ宮殿上宮

マーカーはベルヴェデーレ宮殿上宮です。

ベルヴェデーレ宮殿(英語:Belvedere, Vienna、ドイツ語:Schloss Belvedere)

[Google アートプロジェクト] – 「オーストリア絵画館

[ベルヴェデーレ宮殿(独:Schloss Belvedere)とは、オーストリアウィーンにあるバロック建築の宮殿。
もともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが、当時の代表的な建築家であるヨーハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラント(Johann Lukas von Hildebrandt)に、夏の離宮として造らせたものである。1714から1716年にかけて下宮(Unteres Belvedere)、1720から1723年にかけて上宮(Oberes Belvedere)が建設された。プリンツ・オイゲンの死後1752年に、ハプスブルク家のマリア・テレジアに売却された。現在はオーストリア絵画館になっている。オーストリアで2番目に大きな美術館である。
オーストリアの20セントユーロ硬貨の裏面には、門越しに見た宮殿が彫られている。また、この宮殿の構内に作曲家ブルックナーが晩年を過ごした邸宅がある。
ベルヴェデーレ宮殿・wikipedia-photo、ベルヴェデーレ下宮・wikipedia-photo  (wikipedia・ベルヴェデーレ宮殿より)]

ベルヴェデーレ宮殿上宮一階平面図(「ベルヴェデーレ宮殿 攻略編 – 上宮の回り方、館内地図、展示作品、行き方など」より。)

ベルヴェデーレ宮殿の行き方と上宮美術館の押さえておくべき見どころ

ベルヴェデーレ宮殿 – Google Map 画像リンク」「Katholische Kapelle Schlosskapelle Oberes Belvedere – Google Map 画像リンク

ベルヴェデーレ宮殿南ゲート前のストリートビューです。

カメラ北方向がベルヴェデーレ宮殿です。

ベルヴェデーレ宮殿入口ホールのカメラです。

ベルヴェデーレ宮殿階段ホールのカメラです。

ベルヴェデーレ宮殿一階大理石の間のカメラです。

ベルヴェデーレ宮殿庭園側のカメラです。

初期設定方向、ジャック=ルイ・ダヴィッド作『Napoleon at the Great St. Bernard』(1801年)。右壁中央フランソワ・ジェラール作『Duke Moritz Christian Fries and his family』(1804年頃)

フィンセント・ファン・ゴッホ作『The Plain of Auvers』(1890年)

グスタフ・クリムト作『ユディトI(Judith and the Head of Holofernes)』(1901年)

グスタフ・クリムト作『Adam and Eve

グスタフ・クリムト作『接吻』(1908年)

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー作『On Corpus Christi』(1857年)

フリードリヒ・フォン・アマーリング作『Rudolf von Arthaber and his children Rudolf, Emilie and Gustav』(1837年)

ウジェーヌ・ドラクロワ作『Still life with Flowers』(1834年)

ピエール=オーギュスト・ルノワール作『After the Bath』(1876年)