ベルヴェデーレ宮殿庭園

マーカーはベルヴェデーレ宮殿庭園です。

ベルヴェデーレ宮殿庭園
[サヴォイのオイゲン公が、このバロック庭園を造成させたのは1700年頃です。今や、この庭園はヨーロッパで最も重要なもののひとつです(年間オープン、入場無料)。
3月から8月までは、ベルヴェデーレ上宮横のアルプス庭園で、4000種類に上るアルプスの花々をお楽しみください。これは200年前にヨハン大公が開設したもので、世界最古のアルプス庭園のひとつです。これに隣接する植物園は、1754年にマリア・テレジア女帝が設立したもので、オーストリアやヨーロッパの植物、エキゾチックな植物などが植えられています。8ヘクタールに上る敷地には、科学研究、希少種の保護、保養などを目的に、6大陸から1万1000種の植物が10ヘクタールの敷地で、研究と種の保存を目的に栽培保存され、同時に市民のための保養庭園となっています。ここは、ウィーン市内における貴重なビオトープでもあります(約130種類のハチ類が生息)。加えて古い木々や草原によって大都市のオアシスとなっています。植物園は無料です!  (「ウィーンのバロック庭園 – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna

ベルヴェーダーエーガルテン – Google Map 画像リンク」「Belvedere Brunnen – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がベルヴェデーレ宮殿庭園です。

ベルヴェデーレ宮殿庭園噴水前のカメラです。

カメラ北北西方向にベルヴェデーレ宮殿下宮が見えます。