ホロコースト記念碑・ユダヤ人広場博物館

マーカーはホロコースト記念碑です。

ホロコースト記念碑・ユダヤ人広場博物館
[ウィーンユダヤ人社会も他のヨーロッパの国と同じように時の為政者の政策によって繁栄と迫害の歴史を繰り返しています。ユダヤ人が最初に集団として移り住んだ12世紀には16人がキリスト教徒によって殺害される事件がありましたが1348年から49年までヨーロッパで猛威をふるった黒死病の時はその原因がユダヤ人であるとして迫害の対象にならなかった数少ない地区の一つとして、この時期に一挙に多くのユダヤ人がウィーンに移住します。1300年代後半にはウィーン市民の5%がユダヤ人となり、市の中心にあるユーデンプラッツには当時ヨーロッパで最大の一つであるシナゴーグが建設され、ユダヤ人はむしろ特権階級として王宮近くのこの居住区に住むことを許されていました。
しかしその後ユダヤ人はアルブレヒト5世 Duke Albrecht-V) により1420から21年にかけてウィーンから追放されシナゴーグもその時破壊されました。現在ユーデンプラッッツは、かって栄えたユダヤ人地区の名残りを伝えるウィーン唯一の場所として、またオーストリアホロコースト犠牲者を弔う場所として残されています。(この場所を現在の姿で残すことに奔走したのはナチスの戦争責任を問い続け2005年に死去したサイモン・ヴィーゼンタールです。)
ユーデンプラッツの広場(広場の中心にはユダヤ人解放に尽くしたレッシングの像が立っています。)・画像リンク
「ユーデンプラッツ・ミュージアム(1997年、記念碑を建設中に1440年初頭に破壊されたときのユダヤ教会が発掘され、その遺品が展示されています。)・画像リンク
ホロコースト記念碑(2000年に完成)。オーストリアの6万5千人のホロコーストの犠牲者を弔うために建てられた記念日。内部は空洞になっていて外壁は永遠に読まれることのない本の並んだ図書館をイメージしたデザインとなっています。・画像リンク  (「中欧の旅:ウィーン3,ウィーンのユダヤ地区 – スカースデール村から」より)]

[ホロコースト
1934年3月の調査では、オーストリア全体で19万1481人、うちウィーンに17万6034人のユダヤ人(:ユダヤ教徒)が居住していたが、アンシュルスの直前には全体で18万1882人(ウィーンは16 万 7,249 人)と減少している。アンシュルス後にはユダヤ人指導者の逮捕、シナゴーグの破壊、商店へのボイコットなどの弾圧がすすめられた。 1938年8月にはユダヤ人の国外退去計画を実行するためにアドルフ・アイヒマンが派遣され、毎月8000人のユダヤ人が財産を残して亡命を余儀なくされる状態になり、総計で12万8500人のユダヤ人が国外に亡命している。うち2万4500人はイギリスを除くヨーロッパ諸国に亡命したが、彼らの多くは侵攻してきたドイツによるホロコーストに直面することになる。
最終的に、6万5000人のオーストリア在住ユダヤ人が各地の強制収容所で命を落とし、1945年5月を迎えたウィーンのユダヤ人は5512人に過ぎなかった。
アンシュルス
ドイツはアンシュルスを「ドイツによるオーストリアの併合」とみなしており、国家としてのオーストリアは承継される国家なしに消滅したとみなし、サン=ジェルマン条約などの国際法義務も消滅したとみなした。この経緯は外交使節の召喚などを行わなかった諸外国においても事実上承認されていた。第二次世界大戦勃発後、連合国はアンシュルスを無効であるという見解をとるようになり、1943年11月1日のモスクワ宣言においてもアンシュルスは無効であると宣言している。解放後においてはナチズム時代及びオーストロファシズム時代の憲法が否認され、基本的に1933年3月以降の憲法については撤廃された。一方戦後の各国裁判所の判決ではオーストリアがドイツに併合されていたという見解や、オーストリア共和国が存続し、ドイツによって占領されていたという見解がとられることもある[。これらは第二次世界大戦期の賠償・補償や、国際法の承継にかかわる問題などもからんでたびたび論争となっている。  (wikipedia・ナチス・ドイツ統治下のオーストリアより)]

ウィーンのユダヤ人街

Judenplatz Holocaust Memorial – Google Map 画像リンク

カメラ位置はユーデンプラッツ広場(Judenplatz)で、カメラ北西方向がホロコースト記念碑で、カメラ東北東方向にレッシングの像があります。

ホロコースト記念碑裏側の360citiesで、反転方向がユダヤ人広場博物館です。