ルードヴィヒ財団現代美術館

マーカーはルードヴィヒ財団現代美術館です。

ルードヴィヒ財団現代美術館
[ミュージアム・クオーターの近代美術館は、20〜21世紀のモダンアートを重点としています。アンディ・ウォホールクレス・オルデンバーグパブロ・ピカソオノ・ヨーコ、ギュンター・ブリュス、ゲルハルト・リヒターなどの作品で、多彩な現代美術の世界をお楽しみください。
コレクションの重点はポップアートフォトリアリズムフルクサスヌーヴォー・レアリスム、ウィーン・アクショニズムなどで、社会や現実を描き、あるいはパフォーマンスで表現する20世紀作品が豊富に集められています。これはmumokの主要テーマなのです。コレクションは約9000点の作品を所蔵、絵画、彫刻、インスタレーション、素描、グラフィック、写真、ビデオ、映画、建築モデル、家具が含まれています。
ポップアート部門では、アンディ・ウォホール、クレス・オルデンバーグ、ロバート・ラウシェンバーグジャスパー・ジョーンズなどの作品が中心で、フルクサスとヌーヴォー・レアリスムでは、ダニエル・スペーリ、ナム・ジュン・パイク、オノ・ヨーコ、ジョージ・ブレクトマルセル・デュシャンの作品が集められています。ウィーン・アクショニズムはオーストリアを代表するラディカルな潮流で、国際的アバンギャルドの発展に大きく貢献しました。ここでは、ギュンター・ブリュス、オットー・ミュール、ヘルマン・ニッチュ、ルドルフ・シュヴァルツコグラーなどの代表作が見られます。更にモダンアートの古典とも言うべきパブロ・ピカソ、パウル・クレーピエト・モンドリアンなどもmumokに展示されています。
近年は、コレクションの重点が更に拡大されています。写真、ビデオ、映画などで、その大半は過去10年間に制作されたものです。2011年からは、4800 平方メートルの館内に映写室も設けられ、ハイモ・ツォベルニックが内装、美術と映画の多様な結び付きが紹介されます。  (「近代美術館(mumok) – ウィーン – 今。いつまでも – Vienna」より)]

近代美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がルードヴィヒ財団現代美術館です。

ルードヴィヒ財団現代美術館前の360citiesです。

ルードヴィヒ財団現代美術館展示室のカメラです。