レオポルド美術館

マーカーはレオポルド美術館です。

レオポルド美術館

[Google アートプロジェクト] – 「レオポルド美術館

[レオポルド美術館 (Leopold Museum) は、オーストリアウィーンミュージアムクォーターにあり、オーストリアの現代美術の膨大なコレクションの一つが収蔵されている美術館である。ここにはエゴン・シーレグスタフ・クリムトオスカー・ココシュカ、そしてリヒャルト・ゲルストルらの作品がある。エゴン・シーレのコレクションは世界で最大のものである。
50年以上にわたりエリザベスとルドルフ・レオポルト夫妻により収集された5,000点以上の作品は、オーストリア共和国とオーストリア銀行の協力で、レオポルト美術館財団が管理することになった。レオポルト美術館は、2001年に開館した。 収蔵品の中心をなしているのは、20世紀前半のオーストリアの美術作品で、この中にはエゴン・シーレやグスタフ・クリムトの主要な絵画やデッサンが含まれ、オーストリアのウィーン分離派アールヌーボーユーゲントスティル運動から表現主義への流れを見ることができる。歴史的な文脈では、10世紀、20世紀のオーストリアの主だった芸術の流れが展示されている。
レオポルド美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・レオポルド美術館より)]

レオポルド美術館ホームページ

Leopold Museum – Google Map 画像リンク

カメラ位置はミュージアムクォーター中庭で、カメラ南方向がレオポルド美術館です。

レオポルド美術館入口前のストリートビューです。

レオポルド美術館受付ホールのストリートビューです。

12室 -エゴン・シーレ『House with Shingle Roof (Old House II)』(1915年)

13室 – エゴン・シーレ『Self-Seer II (Death and Man)

13室 – エゴン・シーレ『自画像』(1912年)

13室 – エゴン・シーレ『自画像』(1910年)

15室 – 室角右、オスカー・ココシュカ『Tre Croci – Dolomite Landscape』(1913年)

17室 – グスタフ・クリムト『死と生』(1915年)

17室 – グスタフ・クリムト『A Morning by the Pond』(1899年)

17室 – グスタフ・クリムト、正面『医学』(1899年 – 1907年)、左壁『哲学』(1899年 – 1907年)、右壁『法学』(1899年 – 1907年)

19室 – エミール・ヤーコプ・シンドラーシェルフリング近くの林道