現代美術館「21世紀館」

マーカーは現代美術館「21世紀館」です。

現代美術館「21世紀館」
[シュヴァイツァーガルテンにある21世紀館の元は、当時オーストリアの人気建築家であるカール・シュヴァンツァー(1918 – 1975)により、1958年ベルギーで開催された世界博覧会のオーストリア・パビリオンとして建てられ、1958年に建築大賞を受賞しました。その建物の前にはオーストリアを代表する彫刻家フリッツ・ヴォトルーバが記念レリーフを設計しました。その後1962から2001年までウィーンにおける最初の20世紀現代美術館として務めていました。1963年にはここでヴォトルーバの最初の大規模な個展が開催されました。
2002年以来この建物はベルヴェデーレに属し、建築家アドルフ・クリシャニッツ(英: Adolf Krischanitz)による増改築がおこなわれました。2008年にはフリッツ・ヴォトルーバ財団とヴォトルーバ作品管理会社によって12年間、ベルヴェデーレに彼の作品群を貸しだす契約が結ばれ、2011年11月に21世紀館はベルヴェデーレに所属する美術館の一つとしてレニューアルオープンし、1945年から現代までのオーストリアにおける美術の殿堂となりました。ここにはフリッツ・ヴォトルーバの作品の展示、様々なテーマの特別展覧会、国立博物館のアートテック、映画館、彫刻庭園(アドルフ・クリシャニッツ、ヘルマン・チェッヒ設計)のテラス付カフェ・レストランがあります。  (「現代美術館「21世紀館」」より)]

21世紀館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が現代美術館「21世紀館」です。

カメラ北東方向が現代美術館「21世紀館」です。

現代美術館「21世紀館」オープンスペースのカメラです。