ウスピニャチャ(ケーブルカー)

マーカーはウスピニャチャ(ケーブルカー)です。

ウスピニャチャ(ケーブルカー)
[“世界で最も短い交通機関”とされるザグレブのケーブルカー。頂上駅付近はザグレブの街を一望できる絶景ポイントです。
全長わずか66m、 乗車時間は片道なんと30秒という短さです!ケーブルカーの横には階段もあり、上の駅までは徒歩でわずか5分程度。
「上まで簡単に歩いて登れるし、こんな短いケーブルカー、利用する人なんているの?」と思うかもしれませんが、実際に利用しているのは観光客よりも地元民が多いのです。アッパータウンとダウンタウンを繋ぐケーブルカーは、ベビーカーを押したご夫婦や、杖をついたご老人など、ザグレブ市民の足として今でも現役で活躍しています。世界一短い“公共機関”という説は、おそらく正しいでしょう・・・!
このケーブルカーが初めて運行されたのは1890年のこと。当時は電気ではなく蒸気の動力で運行されていました。ちなみに、この時町を走るトラムを動かしていたのは(あたりまえですが・・・)現在のように電気ではなく馬!馬が引く路面電車が市民の足として活躍していたそうです。
10分おきに運行されるケーブルカー。乗車料金はわずか4クーナ(約70円)です。(チケットはケーブルカー駅構内でおじさんから直接購入してください)  (「“世界最短の公共交通機関” ケーブルカー – CroTabi クロアチア観光情報 ..」より)]

カメラ北方向がウスピニャチャ(ケーブルカー)です。

ウスピニャチャ(ケーブルカー)上の駅停車中のケーブルカー内からのカメラです。

ウスピニャチャ(ケーブルカー)上の駅前のカメラです。