クロアチア歴史協会(オパティチュカ10番地)

マーカーはクロアチア歴史協会(オパティチュカ10番地)です。

クロアチア歴史協会(オパティチュカ10番地)
[オパティチュカ通りの宮殿はザグレブの歴史を語っています。オパティチュカ10番地の宮殿は19世紀の雰囲気を表し、クロアチア国家を象徴しています。当時オパティチュカ10番地の宮殿は宗教教育のために一部が使われ、文化、教育の中心地でした。ゴールデン・ホールの入り口には鉄のフェンスがあり、ギリシャの哲学者プラトンアリストテレスの胸像があります。19世紀末から20世紀初めの有名な芸術家ヴラホ・ブコヴァッツ、ツェレスティン・メドヴィッ チュ、オトゥン・イヴェコヴィッチとロベルト・フランゲッシュ・ミハノヴィッチの作品はクロアチアの重要な文化遺産です。現在オパティチュカ10番地はク ロアチアの歴史協会になっています。  (「Other resources – Zagreb Places」より)]

カメラ東方向がクロアチア歴史協会(オパティチュカ10番地)です。